instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Wed, 20 March 2019

Connaught Street W2

Connaught Street W2


1. Establishment

いつもエレガントなレディーを目指して

Establishment
クラシック・フィルムに登場する女優のようなスタイルをお探しならば、一点物のドレス、花柄のスカーフやフェルトの帽子などレディーなアイテムが並ぶ、このブティックはいかが。80年代のジョン・ガリアーノのドレスや、カステルバジャックの新作など、新旧を問わず、エレガントでひねりのあるアイテムを扱う。ニット・デザイナーでもあるオーナー自らセレクトしたという、フレンチ・アンティーク・スタイルのショップ・インテリアには、素敵なお部屋作りのヒントがいっぱい。

住所 11 Porchester Place W2 2BU map
TEL 020 7402 8892
営業時間 月〜金 10:00-19:00 / 土 10:00-18:00
WEB www.establishmentlondon.com

2. Cocomaya

Cocomaya宝石のようなチョコレートにうっとり

オーガニックとフェア・トレードへのこだわりを内に秘めるキュートなチョコレートが並ぶショップ「ココマヤ」。このたび、パティスリー・カフェをお隣に構えて新装オープンした。味だけでなくビジュアルにもアピールするチョコには、それぞれ異なる分野のクリエイターでもある3人のオーナーのセンスが光る。コニャック入りの大人の味からスパイシー系まで、種類も豊富だ。

住所 12 Connaught Street W2 2AF map
TEL 020 7706 2883
営業時間 月〜金 7:00-19:00 / 土 8:00-19:00
日 8:00-18:00
WEB www.cocomaya.co.uk

3. Susannah Hunter

Susannah Hunter植物を愛でるように使いたい皮製品

女性らしいやさしい色使いで、英国のカントリー・サイドに咲く植物を描く皮革デザイナー、スザンナ・ハンターの路面店。お部屋を華やかに演出してくれるクッションやスツール、大輪の花を大胆にあしらったバッグのシリーズが充実している。上質のレザーは使うごとに深みを増し、持ち主により馴染んでいくところが魅力だ。コーディネートの仕上げに活躍してくれること、間違いなし。


住所 19 Connaught Street W2 2AY map
TEL 020 7402 5874
営業時間 月〜金 10:00-18:00
土 11:00-17:00
WEB www.susannahhunter.com

4. Viola

Viola意外性のある女の子の御用達ブティック

「パーティー用のフロック・ドレスからカジュアル・ウェア、お部屋のインテリアまで、女性に必要な物がすべて揃うお店よ」とはオーナーの言葉。状態の良いビンテージ・ドレスやアクセサリー、ここでしか手に入らないヨーロッパのデザイナー・アイテムなど、独自のセレクトがきらりと輝くブティックだ。見ているだけでハッピーになれるカラフルな柄物マキシ・ドレスに、ハイカット・スニーカーといった意外なコーディネートで、オシャレ上級者の仲間入り!?

住所 25 Connaught Street W2 2AY map
TEL 020 7262 2722
営業時間 月〜土 10:30-18:00

5. Me & Em

毎日着るものにこそ、こだわりを

シンプルかつラグジュアリーをモットーに、着心地抜群のデーリー・ウェアを展開するブランド。肌触りが良く、シルエットを美しく見せる同ブランドの服を身に包んで、毎日を気持ち良く過ごしたい。カシミヤ100%のカーディガンなど、一枚で着回しが効くトラベル・ラインの服にも注目。

TEL 0845 680 0975
WEB www.meandem.com

6. Chrysaliss

手作りの温もりが伝わるショップ

以前は子供たちの学校制服の販売店だったお店が、ハンドメイド・デザイナーやアーティストの作品を扱う、おしゃれなキッズ・ウェア・ショップに大変身。ベビー・ニットウェア、ビーズのアクセサリー、エスニック・テイストのドレスなど、個性溢れる作品たちに出会える。

TEL 020 7402 7109
WEB www.chrysaliss.com

7. Jimmy Choo

靴という名のアートに触れる

レッド・カーペットや映画「セックス・アンド・ザ・シティ」にしばしば登場し、世界中の女性の憧れである靴ブランド、ジミー・チュウ。当ブランチは既製品ではなく、オート・クチュールを扱う予約オンリーのブティック。お向かいに住むブレア元首相夫人も大ファンなのだとか。

TEL 020 7262 6888

8. Markus Coffee Company

愛され続ける老舗コーヒー・ショップ

1957年創業のコーヒー豆販売店。ローストしたばかりの、フレッシュなコーヒー豆を20種類以上揃えている。店ではテイク・アウトのコーヒーを片手におしゃべりに夢中な地元民の姿も見られ、カフェとしても楽しめる。オーダーすると、24時間以内にお届けしてくれるというサービスがうれしい。

TEL 020 7262 4630
WEB www.markuscoffee.com

写真・取材:平川 さやか

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR 海外・日本帰国 引越しガイド
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ ゲンダイゲストハウス