instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sat, 24 October 2020

それでもあなたは食べますか? from Germany

ダイエットなんて我関せずと言わんばかりに、ボリューム満点のハンバーガーやケチャップ&マヨネーズたっぷりのフライドポテトが大好きなドイツ人。昨今の健康志向やビオブームなんてどこ吹く風、国内のファストフード・チェーンの売り上げは止まることを知らない。でもこのたび、そんなウハウハ状態のファストフード・レストランの衛生状況が明らかになった。特に期待はしていなかったけど、これがかなり蒼白モンだ。

衛生検査は公共放送ZDFの経済情報番組「WISO」の中で、ファストフード・レストラン10件の店内と食品を対象に実施された。マクドナルド、バーガーキング、サブウェイ、魚の少ないドイツでは貴重な(?)ノルトゼーから家具大手イケアの店内レストランまで、お馴染みの顔がずらりと並んだが、その結果はかなりショッキング。なんと10件のうち4件では、店内の机や食べ物を載せるプレートから検出された細菌数がトイレのフロアよりも多く、つまりとっても汚なかった…。

では実際に私たちが口にしている食べ物はどうだったのか。例えばひき肉。微生物学上、全く問題がないと太鼓判を押されたのはマックのハンバーガー。ノルトゼーのフィッシュバーガーとバーガーキングのハンバーガーも何とか及第点をゲットした。でも、イケアのレストランで人気のミートボール料理からは、他店舗に比べ数的にかなり多くの細菌が検出された上、腸内細菌類など一風変わった菌まで混じっていたという。イケア側はこれに対し、「今後は衛生管理を一層強化する」とのコメントを出したとか。あのミートボール、結構おいしかったのは細菌類という「スパイス」が効いていたからか。

検査結果を総括すると、健康に害が及ぶ可能性はどの店舗でも指摘されなかったということで、ひとまず安心。ただ検査員は、「『トイレを見たら、その家がきれいかどうかわかる』なんて言うけれど、いくらトイレがきれいでも、机の上には細菌がウヨウヨってこともあり得る」と釘を刺している。

えっ、加熱処理されないサラダの結果も気になるって? マクドナルド「◎」、サブウェイとバーガーキング「○」、イケア「△」、ノルトゼー「×」。

「ZDFheute」
Burger und Salate unter der Lupe



 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ