kanada-ya
Sun, 25 September 2022
15 September 2022 vol.1611

最長在位、エリザベス女王が死去
生涯をかけて「開かれた王室」を模索

時代はエリザベス女王からチャールズ国王へと引き継がれる
時代はエリザベス女王からチャールズ国王へと引き継がれる

(ロンドン 9月9日 時事)歴代最長の70年にわたり英国君主の座にあり、「国民に開かれた王室」を目指して敬愛を集めたエリザベス2世女王が8日、滞在先のスコットランドのバルモラル城で死去した。王室が発表した。96歳だった。死因は公表されていない。女王死去を受け、王位継承権1位の長男チャールズ皇太子(73)がチャールズ3世として新国王に即位した。新国王は声明を出し「愛する母である女王の死は、私と家族にとって大きな悲しみだ」と表明。国民や英連邦、世界中の人々と「深い喪失感」を共有すると述べた。

エリザベス女王は1952年2月6日、父ジョージ6世の急死を受けて25歳の若さで即位。英国をはじめカナダやオーストラリアなど英連邦加盟15カ国の国家元時代はエリザベス女王からチャールズ国王へと引き継がれる社会首を務め、生前は世界の現役君主の中で最長の在位期間を誇った。在位中の首相はチャーチル氏からトラス氏まで計15人に上る。一部で王室廃止論も浮上するなか、国民に親しまれる王室を模索し、地方訪問や慈善活動に積極的に取り組んだ。

2007年12月に英君主としてこれまで最長寿のビクトリア女王の年齢を超え、英史上最高齢の君主となった。15年には在位期間も同女王を超えた。80歳を超えて以降は、休息時間を増やすためとして公務の一部をチャールズ皇太子らに引き継ぎ、昨年4月にはフィリップ殿下を亡くした。今年2月に在位70年(プラチナ・ジュビリー)を迎え、6月には国を挙げて記念行事が盛大に開かれた。

チャールズ新国王が即位宣言

(ロンドン 9月10日 時事)チャールズ新国王(73)の即位が10日、ロンドンのセントジェームズ宮殿での式典で公式に宣言された。国王は宣言を通じ、人生を国にささげた女王の後を継ぎ、君主として義務を忠実に果たしていく姿勢を改めて強調。一連の模様は史上初めてテレビ中継され、広く国民に見守られながらのチャールズ国王時代の船出となった。

式典での宣誓で、国王は女王をたたえた上で、自身も国王として国家に一身をささげると表明。「今、私に引き渡された君主という立場の重い責任と義務を深く認識している」と述べ、その責任を引き受け「人々の平和と調和、繁栄を追求していく」と誓った。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 40 ページ
  • Facebook

ニュースダイジェスト カレンダー販売 - Calendar
JFC ゆめにしき
londoniryo_dental バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ