ニュースダイジェストの制作業務
Fri, 24 May 2024
16 May 2024 vol.1651

退潮鮮明、スナク首相苦境
総選挙で保守党の地滑り的大敗の見方強まる

ロンドンのウェストミンスター付近で頻繁に開催される反保守党派による市民デモロンドンのウェストミンスター付近で頻繁に開催される反保守党派による市民デモ

(ロンドン 5月6日 時事)英国で今年後半に予想される総選挙で、スナク首相率いる保守党が地滑り的大敗を喫するとの見方が強まっている。状況は1997年の総選挙で労働党が圧勝し、ブレア政権が誕生した時と酷似しているとの指摘もある。

調査会社ユーガブが4月初め、「もし明日が総選挙の投票日だったら」という世論調査の結果を発表した。定数650の下院議席のうち、労働党が403議席を獲得。保守党は前回2019年の365議席から半減以下の155議席となった。落選が見込まれる保守党議員には、ハント財務相やモーダント下院院内総務ら大物議員も含まれている。これが現実になれば、メージャー首相率いる保守党が、ブレア党首の下で「ニューレイバー」を掲げた労働党に政権を明け渡した97年の総選挙に匹敵する惨敗だ。

総選挙の前哨戦として注目を集めた今月2日の地方選でも、保守党の退潮は鮮明だった。100余の自治体の議会選で470議席以上を失ったほか、接戦が予想されたロンドン市長選では、労働党のカーン市長の3選を許した。

保守党の低迷脱出には党の団結が必須だが、ほど遠いのが現状だ。一部の「スナク降ろし」の動きに広がりは見られないものの、右派のトラス前首相がスナク氏が推進する政策を「保守的でない」と批判するなど、足並みはそろっていない。苦境に立つスナク氏は「労働党と闘い、この国に明るい未来をもたらすために働き続ける」と強気の姿勢を崩さないが、打開策は見つかっていない。ユーガブが2日発表した最新支持率調査では、労働党の44%に対し、保守党は18%と倍以上の差をつけられている。

ロンドン市長が3選

(ロンドン 5月5日 時事)2日に投票が行われたロンドン市長選挙は4日、開票作業が終わり、国政野党、労働党の現職サディク・カーン市長が3選を果たした。カーン氏は2016年、欧米主要国の首都で初のイスラム教徒の首長となった。

市長選は統一地方選の一環として行われた。カーン氏は、排ガス基準に適合しない車に通行料を課す「超低排出ゾーン」の拡大を主導し、保守党などが強く批判。接戦が予想されたが、約108万8000票を獲得したカーン氏が、保守党候補に約27万5000票の差をつけた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 40 ページ
  • Facebook

Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street 不動産を購入してみませんか LONDON-TOKYO 日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン 24時間365日、安心のサービス ロンドン医療センター

JRpass bloomsbury-solutions-square

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ