ucc
Tue, 07 December 2021
2 December 2021 vol.1592

G7がオミクロン株で連携確認
WHO、世界規模リスク「高い」

イングランドでは11月30日より、全ての店舗内においてフェイス・カバーの着用が義務化された
イングランドでは11月30日より、全ての店舗内においてフェイス・カバーの着用が義務化された

(ロンドン 11月30日 時事)先進7カ国(G7)は11月29日、議長の英国が主宰して緊急の保健相会合をオンラインで開いた。感染が各国に広がっている新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に関し、各国が連携して対応することを確認する共同声明を採択した。

12月に再度、保健相会合を開くことでも合意した。オミクロン株の感染者は南アフリカで最初に確認された後、欧州や中東、北米など少なくとも14の国・地域に拡大。日本を含め各国が入国制限に動くなど、警戒を強めている。G7は、南アが変異株を特定し、公表したことを透明性の観点などから高く評価した。

日本側は会合で、オミクロン株への対応で強化した水際対策や監視体制について説明した。後藤茂之厚生労働相は終了後、記者団に対し「G7が互いに情報を共有しながら対応していくことは意味のあることだ」と強調。今後も各国と歩調を合わせていく考えを示した。

世界保健機関(WHO)は同29日、オミクロン株が国際的に拡散する公算が大きく、世界規模のリスクは「極めて高い」と分析した加盟国宛ての報告内容を発表。「前例のない数の(感染に関わる)スパイクたんぱく質の変異があり、一部はパンデミック(世界的大流行)の今後の行方に影響を及ぼし得る」と警告した。

WHOは先に、コロナに感染したことのある人が再び感染するリスクが比較的高いとする調査結果を明らかにしていた。これまでの変異株に比べ重症化しやすいかや、既存のワクチンがどの程度有効かなどについて現在、調査が進められている。

スコットランドでオミクロン株に6人が感染

(ロンドン 11月29日 時事)スコットランド自治政府は11月29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に6人が感染したと発表した。英国での感染者は計9人になった。

自治政府によると、感染者の一部には、オミクロン株が最初に見つかったアフリカ南部などへの渡航歴はなかった。このため、地域内で感染が広がっている可能性があり、検査体制を拡充する方針だ。

スコットランドでは10月末~11月半ば、約200カ国・地域が参加した国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開かれていた。ただ、スタージョン自治政府首相は「恐らく関係ないだろう」と述べた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 40 ページ
  • Facebook

グリーティングカード制作 プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
athletia
バナー バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ