ロンドンのゲストハウス
Wed, 14 November 2018

ベネディクト・カンバーバッチ主演、ブレグジットを描くドラマが放映

来年、チャンネル4で放映される2時間ドラマ「Brexit: The Uncivil War」。英国のEU離脱(ブレグジット)をテーマにした本作品に、英俳優ベネディクト・カンバーバッチほか、豪華なメンバーが出演する。「サン」紙が伝えた。

 ベネディクト・カンバーバッチは、2016年の国民投票の際、EU離脱のキャンペーンを指揮したドミニク・カミングス氏を演じる。ドラマでは、カミングス氏がいかにして国民の意向を離脱へ向けて誘導し、EU離脱を実現させたか、その手腕を描く。そのほかの出演は、「007」シリーズの英俳優ロリー・キニアが前キャメロン政権の広報で元BBCのクレイグ・オリバーを、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」の英俳優リチャード・ゴールディングがボリス・ジョンソン前外相を演じる。
 

ウィリアム王子、チャールズ皇太子に「もっと子供たちと遊んで欲しい」

14日、70歳を迎えるチャールズ皇太子(69)。8日夜、BBCでチャールズ皇太子の家族にインタビューした記念ドキュメンタリーが放映されたが、ウィリアム王子は同番組内で、公務で忙しいチャールズ皇太子に対し、子供たちともっと一緒に過ごしてほしいと語った。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 私生活でのチャールズ皇太子は、孫のジョージ王子やシャーロット王女に、登場人物の声真似をしながらハリー・ポッターの読み聞かせをする「素晴らしいおじいちゃん」だそう。しかしながら、公務に追われすぎて、書類を読みながら居眠りしてしまう姿をウィリアム王子にたびたび目撃されているらしい。ウィリアム王子は、「父には可能な限り、子供たちと一緒に過ごしてほしいと思っている」と答えた。

 また、カミラ夫人はおじいちゃんとしてのチャールズ皇太子について、孫たちを「目に入れても痛くないくらいかわいがっている」と語り、ハリー王子も、「父はずっと走り続けている人」「昔から朝から晩までよく働いており、おやすみの挨拶をする機会がほとんどなかった」とコメントした。
 

孤独を吹き飛ばせ! ナイトクラブで踊る年金受給者たち

リタイアしたおじいさん、おばあさんの孤独を吹き飛ばす目的で始まった、「昼間のナイトクラブ」こと「ポッシュ・クラブ」。数年前に始まったこの試みは60歳以上の年金受給者に好評で、考案者のカッソン兄妹は、もっと多くの場所で開催したいと願っている。「メトロ」紙が伝えた。

 サイモンさんとアニー・カッソンさんがナイトクラブを始めたきっかけは、未亡人となった母の孤独を癒すためだった。娘のアニーさんは、ロンドンから田舎に引っ越した母を気遣い、母の友人を呼んでティー・パーティーを開催したが、ふと「豪華なべニューで踊ってみたら楽しいのではないか」と思ったそう。

 こうして誕生した「ポッシュ・クラブ」は、ロンドンのハックニーやエレファント & キャッスルなど、今や国内6カ所で開催されるイベントとなり、年配の方々がばっちりドレス・アップをして繰り出すお楽しみの一つとなっている。5ポンドの入場料を払ってエントリーしたら、踊りまくるのはもちろん、サーブされる紅茶やサンドイッチを、座席で楽しむこともOK。参加者のなかには、ダンスを通して友人をたくさん作った、若いものには負けん! おばあちゃんもいるそうだ。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 356 ページ
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 暮らしの手引き ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア