instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sat, 26 September 2020

世界初「離婚メッセ」開催 from Austria


なんとなく結婚してはみたけれど……
英国52.7%、ドイツ44.3%、フランス 40.9%、日本33.1%―。さてこの数字 は何を指しているのだろうか。各国の内閣支持率? いや、ずばり答えは離婚率なのである (「経済社会データランキング2000年」より)。 欧州ではほぼ2組に1組が離婚するというこのご時世、機は熟したといわんばかりにオース トリアで今月末、世界初の「離婚メッセ(見本市)」が開催されることになり話題を呼んで いる。

メッセといえば、IT、車、観光、アートに食と、分野は星の数ほどあるけれど、「離婚」 をテーマにしたものは前代未聞だ。主催者であり、この妙案を思い付いたのは、なんとこれまで「結婚メッセ」を手掛けていたというアントン・バルツさん。オーストリアの離婚率は48.9%、首都ウィーンに限ればなんと 65.9%に上るというから、とっても「おいしい市場」に目を付けたというわけだ。 「新たな人生を始めよう(Starte Neu)」と 名付けられたこのメッセ。会場には弁護士や公証人、仲介人、そして精神科医までがずらりとブースを張り、離婚の際の複雑な手続きから心のケアまで、しっかり面倒を見てくれ る。でもそれはあくまで第1ステージにすぎない。タイトルにもある通り、このメッセの 売りは、忌まわしい過去を振り切り、輝ける 未来に向けて第一歩を踏み出そうとしているバツイチさんたちのお手伝いをすること。第2の人生のパートナーとの新生活の準備を早くも着々と進めている人のために、不動産業者や車の販売ディーラー、旅行会社までが至れり尽くせりのサービスを提供してくれるというから驚きだ。

「でも、今この世で誰よりも会いたくないエックスに会場でバッタリ鉢合わせってなことになったら最悪……」なんて不安がよぎっている方、その心配はご無用。メッセは週末に行われるが、土曜は「男性デー」、日曜は 「女性デー」とキッパリ分けられている。 ウィーンを皮切りに年内は計3カ所での開催が予定されており、参加はもちろんオーストリアだけでなく、どこの国からでも大歓迎。 未来のパートナー探しに利用してみるのも悪 くないかも?
www.scheidungsmesse.at

「Die Welt」紙オンライン版 "Weltweit erste Scheidungsmesse in Österreich"



 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ