instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sat, 26 September 2020

マイ皮ズボンよ、いずこへ from Germany

マイ皮ズボンよ、いずこへ
探しています!
世界中からビール好きが集う、ミュンヘンのオクトーバーフェストのドレスコードと言えば、女性は大きく胸を開いたディアンデル、そして男性は膝丈のレダーホーゼ(皮ズボン)。サッカー、ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに今シーズンから加わったルカ・トニだって、早速おニューの皮ズボンでオクトーバーフェスト・デビューを果たしたし、民族衣装専門店にとってはまさに1年に1回のかきいれどき。のはずなのに、あるトルコ人店主(40)は商売熱心で、自ら履いていた皮ズボンを売ってしまったがために大損する羽目に陥ってしまった。

悲劇があったのは宴もたけなわの10月1日。この日、2組の米国人カップルが店を訪れ、あれやこれやと商品を物色していた。そしてその内の1組がいたく気に入ったのは、店頭にあった商品ではなくて、店主の履いていた皮ズボン。最初はもったいぶって渋っていたものの、若干値段を吊り上げて商談はめでたく成立。カップルは店を立ち去り、残るのは えびす顔の主人……となるはずだった。

ところがこの皮ズボンの尻ポケットに、その日の全売り上げ2000ユーロ(約33万円)をしまっていたから、さあ大変。主人はあわててこのカップルを追いかけたものの、600万人が来場する一大イベントだけに、わらに落ちた針を探すようなもの。通報を受けた警察も、テロ防止のパトロールや飲んだくれ同士のケンカの仲裁で忙しく、「皮ズボンの大捜索網を張ってくれ」という店主の涙ながらの要望など取り合ってはくれない。とは言え、気の毒な店主のために「指名手配」のチラシだけは印刷してくれた。

なんでもこの店主、警察の力を当てにできないのならば、この指名手配のチラシを使って自力ででも探すと決意しているのだとか。それにしても300ユーロ(約4万9500円)そこらの皮ズボンが引き起こしたこの事件。店主も欲の皮を突っ張らせて、しまったと悔やんでいることだろう。

ドイツ語では「失敗に終わった」ことを「in die Hose gehen(ズボンまでいく)」と表現するが、これはまさに文字通りの出来事だと言えよう。

「Stern」オンライン版 "Verkäufer vergisst 2000 Euro in der Gesäßtasche"



 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ