instagram Facebook ツイッター
Wed, 11 December 2019

クラウディア・シファーがヌードに from Germany

服を着ていても超セクシー
服を着ていても超セクシー
© Orban Thierry/ABACA/PA Photos
ドイツが生んだスーパーモデル、クラウディア・シファーさんが、ファッション誌「ボーグ・ジャーマニー」6月号の表紙を飾った。しかも驚くことなかれ。あのシファーさんが透き通るような白い肌をあらわに、なんと手ブラ状態で挑発的な視線を送るなど過激なポーズを披露しているのだ。

金髪に青い目、そして抜群のプロポーションに恵まれ、一躍モード界のスーパースターとなったシファーさん。しかもその華やかな容姿とは裏腹に、スキャンダルとは縁なし。むしろキャリアウーマンとしてだけではなく、英国人の映画監督マシュー・ヴォーン氏の妻として、また同氏との間にもうけた2人の子どものママとして、プライベートでも順風満帆な人生を送っている。そんな優等生的なイメージを持つシファーさんが今回、「手ブラ」のほか、シャツをめくってサテンの下着を見せたり、下着姿でいすに寝そべったり、真っ白な猫を胸元に抱いたり……などなどセクシーなポーズを次々と披露したのだからびっくり。

この衝撃の写真を撮影したのは、マドンナ、ケイト・モス、故ダイアナ元妃など、世界の著名人の作品を残してきた写真家、マリオ・テスティーノ氏。「セックスは日常」という環境で育ったという彼は、今月号に掲載されたセックス特集の編集にも関わった。ページをめくると、真っ赤なリップにマニキュアをつけたシファーさんの写真とともに、「エロチックとは惹かれ合うこと、そして莫大なエネルギーを交換し合うこと」という文字が飛び込んでくる。それにしても現在37歳、そして2児のママとは思えないシファーさんの美しさには脱帽だ。

だがそんな彼女も、若い頃は非常に奥手だったとか。独版「ヴァニティ・フェア」誌のインタビューで、「『BRAVO(若者向けの独誌)』も読んだことがなかったし、セックスがどういうものかというのが分かるようになったのは、17歳の頃だった」と告白。ちなみにシファーさんに魅力的な男性のタイプを聞くと、「外見は大切じゃない。知的で男っぽい人がセクシー」とのこと。美女は何を言っても、様になってしまうのだ。

「Die Welt Online」
"Claudia Schiffer auf Sex-Cover der Vogue"



 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ