instagram Facebook ツイッター
Sat, 07 December 2019

田舎のサッカー・チームがリーグ1部に from Germany

田舎のサッカー・チームがリーグ1部に
フェスティバル当日は海の男たちが
ここぞとばかりに大活躍
© www.pixelio.de
バーデン=ヴュルテンベルク州にある人口わずか3300人の村、ホッフェンハイムのサッカー・チーム「1899ホッフェンハイム」が、来季から1部リーグのブンデス・リーガでプレーすることになった。この快挙に村中が興奮で湧き上がる一方、否定的な意見もちらほら出てきているという。

ホッフェンハイムは何を隠そう、企業向けのソフトウェア大手SAPの創設者の1人でドイツを代表する億万長者、ディートマー・ホップ氏(68)の故郷。ホップ氏もプレーしたことがある地元サッカー・クラブを、同氏が1991年から資金面で支援するようになったのが運命の変わり目だった。当時は最下位となる8部リーグから7部リーグに昇格したばかりの弱小チームだったが、同氏による大規模な強化案が実って、2006/2007シーズンには2部昇進を決めるなど、以後はとんとん拍子で上昇してきた。

2006年になると、ホップ氏はブンデス・リーガでの経験が豊富なラルフ・ラングニック氏を監督に、ホッケーの元ドイツ代表監督ベルンハルト・ペータース氏をスポーツ・ディレクターに迎えるなど、トップ・クラスの指導者を結集させた。指導部だけでなく、有能な選手も次々と獲得。小さな田舎から生まれたこのチームが選手獲得に費やした金額は、王者バイエルン・ミュンヘンに次ぐ高さだったというから驚きだ。将来的に値が上がると見込んだ若手選手を獲得したというのも、実業家ならではの計算が働いたのか。

そういうわけで、1部の壁もなんのその。2部でプレーした初めてのシーズンでさっそくリーグ2位になり、1部への昇格を決めた。現在は近くのシンスハイムに、3万人を収容する新スタジアムを建設中。総工費6000万ユーロ(約100億円)も、もちろんホップ氏のポケット・マネーから出ている。

ただそんな散財ぶりから、「金にものをいわせて即席で生まれたレトルト・クラブ」やしょせんは「金持ちの道楽」と言われるなど、批判的な声があちこちで上がっているのも事実。ならばやっぱり、最後は実力を見せつけるしかないだろう。来季におけるこのチームの活躍に注目だ。

ZDF.de
"Hoffenheim, der ungeliebte Aufsteiger"

 
  • Facebook

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ