instagram Facebook ツイッター
Tue, 10 December 2019

歯医者不足の解決策は「スーパー」!? from UK

歯医者不足の解決策は「スーパー」!?
レジでお会計を済ませたら
歯医者へ直行!?
歯医者不足が社会問題となっている英国。歯医者に問い合わせても、次の予約は1カ月後、なんて言われることもざらにある。そもそも歯医者を好きな人などいないわけで、予約をする段には「これ以上は我慢できない!」というところまで痛みを堪えているパターンがほとんど。とても1カ月など待ってはいられない。そのため近年では、海外へ行き虫歯治療をする人も増えてきた。2006年には、なんと3万5000人もの人々が歯科治療をするためだけにはるばるハンガリーやクロアチアに赴いたという。さらにはペンチを使って「自己治療」する人も増えているというから、いかにこの歯医者不足が英国内で深刻な問題となっているのか伺い知れるというものだ。そんな悲惨な状況を改善すべく動き始めたのが、 なんと「スーパー」だった。

英国小売大手の「セインズベリーズ」はつい先日、イングランド北西部マンチェスター近くの町の店舗で、国内初となる「スーパー内歯科医院」を開院した。治療は予約制だが、それと同時に早く来院した人から順に治療する「早い者勝ち」システムも併用。とにかく予約ゲットまでに長い道程を要する英国では、なんとも嬉しい話である。サービスの提供者 は、同地域で「Ultimate Smile Spa(究極の笑顔スパ)」という、実に強烈な名前の歯科医院を経営するランス・ナイト氏。モデルのカプリスや、サッカー・チーム、マンチェスター・シティの選手などを顧客に持つ「セレブ歯科医」として知られる存在である。セレブ歯科医と聞いて気になるのはお値段だが、1回の検診は16ポンド(約3200円)からと、保険の利かないプライベート歯科医院としては、 かなり良心的な価格設定と言える。

「Try something new today(今日、何か新しいことにチャレンジしよう)」というスローガンのもと、さまざまな分野に進出しているセインズベリーズ。歯科医院オープンに先駆けて、今年初めには時間外診療を行う一般医(GP)のオフィスを同地域の店舗内に開設、大きな話題を呼んだ。食品の価格が軒並み値上がりし、景気後退も囁かれる昨今、生き残りをかけたスーパーの戦いは、小売という枠を超えて激しさを増している。

「The Times」紙 “Six fillings or fewer? Dentist to open at supermarket checkout”



 
  • Facebook

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ