ニュースダイジェストの制作業務
Mon, 28 November 2022

メイド・イン・ブリテン Made in Britain 英国ブランドの物語

#28 持続可能な生産にこだわった生蜂蜜

バーモンジー・ストリート・ビーズ / カスタム・ハウス・ロンドン・メトロ・ハニー

バーモンジー・ストリート・ビーズ / カスタム・ハウス・ロンドン・メトロ・ハニー
Bermondsey Street Bees / Custom House London Metro Honey

£6.50
150g
www.bermondseystreetbees.co.uk
www.fodabox.com(購入サイト)

英国でおいしい蜂蜜に出合うのは、さほど難しいことではない。スーパーマーケットに並ぶ大量生産ブランドから小さな養蜂家が生産しているものまで、実に多様な選択肢がある。そんななか、異彩を放っているのがバーモンジー・ストリート・ビーズの蜂蜜だ。ロンドンの街では日々どこかで大規模な開発工事が行われ、年々緑地面積が減少傾向にある。その状況下で、同社はミツバチが花粉を十分に集められるよう、データを分析して適切な場所に巣箱を置いている。同社の蜂蜜は、これまで度々グレート・テイスト・アウォーズを受賞してきた。

都市部と農村部における養蜂の問題について執筆、講演をしてきた養蜂家のデール・ギブソンと、ハニー・ソムリエで養蜂雑誌のコラムニストでもあるサラ・ウィンダム・ルイスによって2007年に設立された同社は、粗悪な輸入蜂蜜やブレンド蜂蜜を飲食産業から失くす目的で、生蜂蜜にこだわった商品を展開している。バーモンジー・ストリート・ビーズの蜂蜜はロンドンの5つ星ホテルから、ミシュランを獲得したレストランをはじめ、蒸留酒製造会社や小さなバーで扱われており、こうした提携は同社のようなローカルの養蜂家の発展につながっている。

商品を実際に試してもらい、国産の生蜂蜜の良さを伝える一方で、ESG投資、CSRに取り組む企業にミツバチを使ったプロジェクトのコンサルタントも行っている。同社は、企業が単に養蜂箱を購入して「持続可能な社会活動に取り組んでいる」という時代は終わりを迎えていると考え、養蜂場の設計やその場所を決めるのに情報やデータを駆使した組織立った養蜂の重要性を説いている。また、政府や慈善団体とも協力し、ミツバチが花粉を集められるような庭作りなども行っている。

同社の生蜂蜜「Metro」シリーズは、都市部や郊外、またロンドンのドックランズから集められたもの。ミツバチに負担がかからないよう、巣箱から余った分だけを抽出した蜂蜜は、加熱はせず、最低限のプロセスで濾過されている。花の香りがほんのりと感じられ、自然の甘みをいっぱいに感じられる商品だ。

 
  • Facebook

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ