instagram Facebook ツイッター
NHK交響楽団 nhkso
Sat, 07 December 2019

シェイクスピアが活躍した16世紀に花開いたという英国の劇場文化。 その伝統は現在も脈々と息づき、人々の週末スケジュールに舞台やコンサートの観賞予定が入っているというのもよくあることだ。
そういった習慣の下、観賞前後の食事も、特別な夜を楽しむためのエンターテインメントの一環として捉えられている。
劇場にももちろんレストランやバーが併設され、観客が気持ち良く観賞できるよう趣向を凝らした空間作りがなされているようだ。
今回、取材したのは、そんな劇場併設レストラン。
観て聴いて味わって堪能する、とっておきの夜をどうぞ。

開演前はほぼ満席! 人気のシアター・ダイニング
Café Bar @ The Royal Court Theatre

Café Bar @ The Royal Court Theatre新進気鋭の脚本家による新作を世に送り出すために創設されたロイヤル・コート劇場。地下からさらに凹んだオーケストラ・ピットのようなカフェ・バーは、開演前の時間帯は観劇客らでぎっしりと埋まる人気で、「ロイヤル・コートで芝居を観るなら食事もここで!」という常連も多いという。メニューは英国料理を中心に、上演作品の客層に合わせて入れ替わる。定番の「スモークド・フィッシュ・ボード」は、日替わりの鮮魚2種が盛られ、2人でシェアできるほどのボリュームながら7.50ポンドとリーズナブル。といってクオリティーに妥協があるわけではなく、サバのスモークは脂のりが程よく前菜にぴったり。サラダに入っている赤と白のコントラストが鮮やかなラディッシュは、まるで日本のカブのような甘みが感じられ、できるかぎり英国産の食材を、というポリシーにも納得の味だ。毎週月曜日には鑑賞券が10ポンドで限定販売されるので、観劇と合わせて訪れたい。

写真下)Smoked Fish Board £7.50, San Marco £7.25

Café Bar @ The Royal Court Theatre
店名 Café Bar @ The Royal Court Theatre
住所 Sloane Square, London SW1W 8AS
TEL 020 7565 5058
最寄り駅 Sloane Square駅より徒歩1分
オープン 月~土 12:00-深夜
(食事は20:00 まで)
Website www.royalcourttheatre.com

演劇界の「今」を感じる刺激的なレストラン
The Cut Bar @ Young Vic

The Cut Bar @ Young Vic若い俳優や監督に実験的な発表の場を与えるため、1970年代にオープンした劇場。力のある若い才能が見られるだけに、目の肥えた演劇ファンが集う。初めて訪れたなら、客席から手が届きそうな距離に立つ俳優たちに戸惑うかもしれないが、気が付けば巻き込まれるように夢中になってしまうだろう。2フロアからなるバー&レストランは、吹き抜けの開放的な空間が魅力。朝食から、しっかり食べたいディナーまで、幅広いチョイスが用意されている。中でもお勧めは、「ロックフェラー・バーガー」。肉厚なパテに加えて、ベーコン、チーズ、ソテーしたほうれん草、そこにオイスターまで詰まった、まさに米NY のロックフェラー・ビルを髣髴とさせる巨大なバーガーだ。クリーミーなソースとほうれん草の甘みが肉のうまみを引き立てる、類い稀な味をぜひ試してみたい。開演前に注文をしておけば、幕間ぴったりのタイミングでテーブルとドリンクが用意されるサービスも。

写真下)Rockefeller Organic Beef Burger £9.50, Grilled Portobello Mushroom & Jura Cheese £7.25, Free Range Chicken, Bacon and Mayo Wraps £4, Nachos £3.75

The Cut Bar @ Young Vic
店名 The Cut Bar @ Young Vic
住所 66 The Cut, London SE1 8LZ
TEL 020 7928 4400
最寄り駅 Southwark 駅より徒歩3分
オープン 月~金 9:00-11:00/12:00-23:00 
土 10:00-11:00/12:00-23:00 日休
Website www.thecutbar.com

旧チョコレート工場でいただくモダン・ブリティッシュ
Menier Chocolate Factory Restaurant

Menier Chocolate Factory Restaurant1870年に建てられたフレンチ・チョコレートの工場が、レンガの壁や鉄の柱などインダストリアルなパーツを残したまま、劇場に変身。客席数180と小規模ながら、数々の賞を受賞した話題の作品が多く、ここで成功を収めたミュージカルは、ウェストエンドの大きな劇場で上演されることもあるという。ミュージカルのポスターが壁を飾る店内では、旬の食材を使ったモダン・ブリティッシュ・フードが楽しめる。夏には口当たりのさわやかな冷製ガスパッチョ、秋口には体をぽかぽか温めてくれる季節の野菜を使ったスープが人気だ。もちろん肉や魚のメイン料理も豊富。まろやかな子牛のレバー・ステーキにたっぷりのマッシュポテト、ジューシーなポーク・ベリーといったボリューミーな料理が食欲をそそる。満腹になっても、看板メニューの「メニエ・チョコレート・ブラウニー」は断然別腹。信じられないほど濃厚な深い味わいは、やみつきになるおいしさ。

写真下)Pan Fried Calf's Liver £16, Chicken Cordon Bleu Stuffed with Parma Ham & Brie, with Creamy Mash Potatoes & Buttered Spinach £15

Menier Chocolate Factory Restaurant
店名 Menier Chocolate Factory Restaurant
住所 53 Southwark Street, London SE1 1RU
TEL 020 7234 9610
最寄り駅 London Bridge駅より徒歩10分
オープン 火~土 12:00-15:00/17:30-23:00
日 12:00-15:00 月休
Website menierchocolatefactory.com

世界の味を楽しめる、上品なタパス・スタイル
Barbican Lounge @ Barbican Centre

Barbican Lounge @ Barbican Centreブルータリズムと呼ばれる、冷たい印象の打ちっぱなしコンクリート建築が賛否両論に語られることもある文化施設バービカン。とはいえ、コンサート・ホール、劇場、映画館、ギャラリーを備えたこの施設は、超一流のエンターテインメントを幅広く楽しめる場所として人気が高い。2階(レベル1)に位置するレストラン「バービカン・ラウンジ」は、こっくりとした深いブルーに赤が際立つミッド・センチュリー・モダン風のインテリア。「色々な味を試してみたい」という声に応えた、タパスのような小皿料理が並ぶ。完璧な固さに仕上げたアスパラガスと、7種のトマトが彩り良く盛り付けられたサラダ、スロー・クックでたっぷりとうまみを閉じ込めたオッソブッコ(仔牛のシチュー)のニョッキなど、想像力に富んだ美しい料理の数々は、まるでアート作品のよう。毎月季節の味が加わるメニューから、好きな6皿を選べるセット(27ポンド)もお勧めだ。

写真下)Truffe & Osso Bucco Gnocchi £8.50, Pan Fried Polenta Chips £4.50
Rosary Goat's Cheese & Asparagus £6

Barbican Lounge @ Barbican Centre
店名 Barbican Lounge @ Barbican Centre
住所 Silk Street, London EC2Y 8DS
TEL 020 7382 6180
最寄り駅 Barbican駅より徒歩5分
オープン 月~土 12:00-20:30
日 12:00-19:30
Website www.barbican.org.uk

ワインとともにステージを楽しむ
St. James Theatre Studio Bar

St. James Theatre Studio Bar今年9月、バッキンガム宮殿のほど近くに小劇場がオープンした。312席のシアターとレストラン、そして2つのバーを備えた建物内には往年のスターたちの白黒写真が飾られ、歴史や伝統を重んじることの多い英国の劇場とは一味違った、モダンな雰囲気が漂っている。「臨場感のあるステージをリラックスして楽しんで」と設けられた「スタジオ・バー」は、ショーが開催される日のみオープン。木曜はコメディー、金曜はジャズなど、週末にかけて様々なショーが催されており、厳選されたワインを嗜みながら、目と鼻の先にあるステージで繰り広げられるショーを鑑賞できる。ミニ・バーガーやサラダなどのスナックが3.50ポンドから用意されているほか、ワインもボトルで16ポンドからと比較的リーズナブル。入店に際しショーのチケット購入が必須となるが、チケットは10ポンドからと、こちらも手頃だ。カジュアルに、でも本格的なショーを堪能できる穴場スポットになりそう。

写真下)Bar Snack £3.50~, Mas de la Source £5.95

St. James Theatre Studio Bar
店名 St. James Theatre Studio Bar
住所 12 Palace Street, London SW1E 5JA
TEL 0844 264 2140
最寄り駅 Victoria駅より徒歩5分
オープン 木~日 マチネの前後 / 18:00-深夜
Website www.stjamestheatre.co.uk

空高くまで突き抜けるような開放感を
SKYLON @ Royal Festival Hall

SKYLON @ Royal Festival Hallクラシック音楽の殿堂、ロイヤル・フェスティバル・ホールの2階に位置するのがこちら。テムズ河を臨むガラス張りで開放感に満ちた店内は、コース・メニューのみを提供するフォーマルなレストラン、カジュアルなグリル、バーの3つに分かれている。数々のミシュラン・シェフを育てたピエール・コフマンの下で修行したフィンランド出身のヘレナ・プオラッカさんが腕を振るっており、フレンチに北欧の要素が加わった料理が並ぶ。店内中央に堂々とそびえ立ち、「ロンドンでも指折りの充実したメニュー」とマネージャーが胸を張るバーには仕事帰りに立ち寄る客も多いという。中でもオリジナル・カクテル「ミスター・グレイ」が、偶然にも現在大人気の小説「フィフティー・シェーズ・オブ・グレイ」の登場人物を彷彿させるネーミングとあって、密かなブームなのだとか。刻一刻と移り変わるテムズ河の景色を愛でながら、しっとりとしたひとときを過ごしてみては。

写真下)Salmon Gravadlax(コースの一部)
Two Course Lunch £24.50 / Three Course Lunch £28.50
Two Course Dinner £40 / Three Couse Dinner £45

SKYLON @ Royal Festival Hall
店名 SKYLON @ Royal Festival Hall
住所 Belvedere Road, London SE1 8XX
TEL 020 7654 7800
最寄り駅 Waterloo駅より徒歩3分
オープン Restaurant 月~土 12:00-14:30 / 17:30-22:30 日 12:00-16:00
Grill 月~土 12:00-23:00 日 12:00-22:30
Bar 月~土 12:00-翌1:00 日 12:00-22:30
Website www.skylon-restaurant.co.uk

観て食べて、五感で楽しむ特別な空間
The Yard Theatre

The Yard Theatreガレージや駐車スペースの並ぶ閑散とした線路脇エリアの一角に、車の整備士とは明らかに異なる、おしゃれな人々が出入りする建物がある。パリで演劇を学んだ芸術監督ジェイ・ミラー氏が、「パリにある自由な芝居小屋をロンドンにも」と今年の4月にオープンした小劇場だ。倉庫を改造したという劇場に併設されたバー&キッチンには、廃材を利用したテーブル席にブランケットが敷かれ、アットホームな雰囲気。劇場内でもほかの劇場や交通機関で使われていた古い椅子が再利用され、手作り感があふれている。スタッフも芝居好きのボランティアが多く、何かわくわくとした期待と意欲を感じさせる場所だ。レストランのメニューは、芝居に合わせてシェフごと交代するというから興味深い。シェフは脚本を読み込むと、例えば「交錯する人々」というテーマなら、手を伸ばしてシェアできる料理を中心にメニューを組み立てる。一つのテーマを五感でたっぷり楽しむ、特別な夜が過ごせそうだ。

写真下)Wild Mushroom on Rye Bread Toast £4
A Lightly Spiced Casserole of Tender Pork Belly and Beans & Peas £4

The Yard Theatre
店名 The Yard Theatre
住所 2A, Queen’s Yard, London E9 5EN
TEL なし
最寄り駅 Hackney Wick駅より徒歩3分
オープン 火~土 18:00-21:30
日 15:00-20:00 月休
Website www.the-yard.co.uk

取り壊し予定の倉庫を再利用
CLF Art Cafe

CLF Art Cafeロンドン南東部ペッカム・ライ駅前の、活気ある商店街の片隅にあるゲートをくぐり薄暗い小道を抜けると、グラフィティ・アートが施された廃校のような建物が現れる。都市開発のために取り壊しの危機にあった倉庫をアート施設として再生し、オープンしたのだそうだ。3フロアに屋上も加えた広々としたスペースでは、芝居、コンテンポラリー・アートなどの催しが定期的に行われており、週末には音楽イベントも目白押しだ。バーではカリビアン、アフリカンを中心とした軽食が用意されているが、現在のところのメインはドリンク。ラムとジンがベースの一押しオリジナル・カクテル「エルダー・ブッシー」は、ふわっと軽いライムのさわやかな香りとラムのまろやかさのバランスが絶妙。今年でオープン5周年。「もっと色々なイベントに挑戦したいし、フードも充実させていくよ」というマネージャーでDJ のミッキーさんの弁は、エキサイティングな発展を予感させる。

写真右)Elder Bussey £6.50, Red Stripe £3.50
写真下)Sausage Roll £2.50, Spinach and Chickpea Pastry £2.50

CLF Art Cafe
店名 CLF Art Cafe
住所 133 Rye Lane, London SE15 4ST
TEL 020 7732 5275
最寄り駅 Peckham Rye駅より徒歩1分
オープン 月~木 17:00-深夜 金 17:00-翌4:00
土 17:00-翌6:00 日休
Website www.clfartcafe.org

取材: Sayaka Hirakawa ②〜④⑦ / Tora Chestnut ①⑤⑥⑧


より大きな地図で劇場併設レストラン を表示
 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ