instagram Facebook ツイッター
バナー
Wed, 03 June 2020

Life in the UKテストについて

7月1日付の「ガーディアン」紙は、欧州経済領域(EEA)以外の国籍を持つ人が英国で市民権や永住権を取得する際に必要な「Life in the UK」テストの内容を、今年の秋に一部変更する予定であるという、テリーザ・メイ内務相の見解を報道しました。「Life in the UK」は政治や宗教、生活など様々なジャンルにおける英国についての一般常識テストで、2005年11月から市民権申請者を対象に、2007年4月からは永住権の申請をする際にも必須とされている試験です。

新テストの内容は、ウィンストン・チャーチル元首相や詩人のバイロン卿、近代看護教育の生みの親とも言われるフローレンス・ナイチンゲールといった英国の偉人に関する記述や、英国国歌「God Save the Queen」(女王陛下万歳)の最初の一節に言及するなど、これまでよりいっそう英国史に関する設問が増える予定です。これは、市民権や永住権を希望する以上、基本的な英国の歴史を知り、英国に対し愛国精神を持つのは当然である、という考えに基づいているのではないでしょうか。その代わりに、現在のテストに含まれている人権擁護法についての基礎知識のほか、福祉手当の受け取り方、区役所への連絡方法といった、実践的な事柄についての設問が削除されると言われています。英国国境局のスポークスマンはこの変更に関し、「英国人」として英国で生活していくつもりならば、この国の文化や歴史の基本を知るのは当たり前で、ガスのメーターの読み方などという日常生活に関することよりずっと重要なはずだと主張。しかし一部では、英国の歴史に関する内容にかなり偏りがあるという批判も聞かれるため、今年秋の変更実施までにいくつかの見直しがある可能性も高いと思われます。どちらにせよ、英国滞在を希望する移民に対しハードルを高くするための措置であることに違いはなく、受験者は心してテストに望むべきだと言えるでしょう。

この「Life in the UK」と呼ばれるテストは、2005年に当時の労働党政府によって導入され、以来、毎年約8万人が受験しています。設問は、146ページからなる公認ハンドブックから出題され、24の質問に対し二択あるいは四択で解答するスタイル。75%正解すれば合格ですが、「合格=永住権 / 市民権の取得」ではなく、このテストに合格することで、申請の権利の一部が得られるということなのでご注意ください。多くの移民関連の法律改正が行われていることに加え、「Life in the UK」テストの制度自体にも数々の変更がなされています。申請を考えている方は、早めに専門家に相談することをお勧めします。また、テストを受けた結果、不合格となり、再試験が必要となった場合には前回受験したときから少なくとも7日間が経過していなければならないなど、留意すべき点も多くありますので、ビザ申請の時期を考慮した上で受験の計画を立てる必要があります。こうしたことなども、専門家のアドバイスを受けながら進めていけば後になってあせることもなく、安心できます。

ここ数年、移民法案は改正を繰り返しています。英国国境局によって現在も大小の様々な変更がなされており、EEA以外の国籍を持つ人にとっては厳しい時期であるといえるでしょう。確実なビザ取得のためにも、手続きは専門家と二人三脚で、取得のタイミングなどを熟慮しつつ、計画を立てて着実に進めることをお勧めします。

 
  • Facebook

UKVISAS.COM
OISC 公認アドバイザー
会社プロフィール
ホーム・オフィス推奨のOISC公認アドバイザーとして、移民法、入国審査に関することから、エントリー・クリアランス、労働許可、レジデンスなど、さまざまな英国ビザに関する問題の相談を受け、的確なアドバイスを提供しています。
個々の状況、リクエストに合わせた綿密なコンサルタントを行い、ビザ取得をどのように進めていくか話し合います。 迅速且つ柔軟に対応、最後までビザ取得をトータルにサポートします。日本からの申請に対するアドバイスも歓迎。

81 Oxford Street, London W1D 2EU
最寄り駅: Tottenham Court Road
Tel: +44 (0) 20 3384 0196(ロンドン)
Tel: +81 (0)3 6890 8578(東京)
E-mail: ym@ukvisas.com  |  http://ukvisas.jp
twitter ukvisasjp

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ