instagram Facebook ツイッター
Sat, 28 March 2020

Hot Fuzz / ホット・ファズ〜俺たちスーパーポリスメン!

映画の舞台裏を捜査する!特捜シネマ刑事
第1回

Hot Fuzz(2007/ 英)
ホット・ファズ 〜俺たちスーパーポリスメン!

田舎に左遷されたエリート警察官が騒動を巻き起こす、
サスペンス・コメディー

今週のロケ地
監督 Edgar Wright
出演 Simon Pegg, Nick Frost, Jim Broadbentほか
ロケ地 Wells, Somerset
アクセス 電車: Bristol Temple Meads駅かBath Spa駅よりバス乗り換え(所要時間約2時間半)
コーチ: London・Victoria駅より直通(所要時間約3時間40分)
Web www.wells.gov.uk

amazon

アイコン

  • 今週の捜査対象は英国コメディー界の新鋭、エドガー・ライトによる2007年の作品「Hot Fuzz」だ。日本では当時公開未定だったにもかかわらず、この映画に惚れ込んだ評論家がネット上で署名運動を行い、公開にこぎ着けたという一本だぞ。じゃあみんな、捜査報告を頼む。
  • はい、まず架空の町Sandfordの舞台となったサマーセット州ウェルズですが、人口約1万人強、かなりの小都市であります。ウェルズという地名は町内に残る3つの井戸に由来していて、そのうち1つはマーケット・プレイスに、残りの2つはビショップ・パレスと大聖堂が建つ敷地内にあります。
  • ちなみにこれらの井戸は新約聖書に登場するイエスの使徒の一人、聖アンデレに捧げられたもので、癒しの力を持つと言われていたそうです。
  • うぬぬ、なかなか興味深いな。ちょっと行きたくなってきたぞ。
  • 実は私、偶然にも学生時代に遠足で行ったことがありまして。シザー・アーチと呼ばれる、ハサミに見立てた柱が備わる聖堂はなかなかの見ものであります。しかもなんとここは監督エドガー・ライトの故郷だということが判明しました。ラスト・シーンで激しいバトルが繰り広げられるスーパーの「Somerfield」なんかももちろん実在しておりまして、監督はここで若い頃、バイトしていたそうです。
  • ほう、そんな過去があったのか。
  • ところで主役のニコラス・エンジェル巡査部長を演じたサイモン・ペグはエドガー・ライトと親しい友人関係にあり、この映画の脚本も共に手掛けている仲です。2人が出会ったのは1996年、TVのコメディー・シリーズ「Asylum」。その後、シットコム「Spaced」を共同制作、これが話題を呼び、2004年のホラー・コメディー映画「Shaun of the Dead」で再びタッグを組んで一躍有名になった模様です。
  • なるほど、2人のツーカーな間柄があの絶妙な間合いや絶品ギャグの数々を生んでいると見てよさそうだな。くぅーっ、いいなあ。
  • デカ長、もう1つ、耳寄りな情報を仕入れました。コメディアンのビル・ベイリーが二役で出演しているのは明らかですが、なんとそれ以外にケイト・ブランシェットと「ロード・オブ・ザ・リング」の監督、ピーター・ジャクソンがカメオ出演しているというのです。
  • な、なにいぃ。どこに出てるんだ。
  • ピーター・ジャクソンは冒頭に登場する、ニコラスを刺すサンタクロース姿の男、ケイトはニコラスの元彼女で現場検証している女性であります。
  • おおっ、よく見ると目が彼らじゃないか。しかし一体どういう経緯で……。
  • はい、まずケイトですが、当初からこの感傷シーンは女優の顔を見せずにいこうというアイデアがあり、それが「どうせなら大物を使っちゃわない?」という方向に発展したようです。もともとケイトは「Shaun of the Dead」のファンだったらしく、出演を快諾した模様であります。ピーター・ジャクソンも同様に「Shaun〜」のファンで、それをきっかけにエドガー・ライトと交友関係を築いており、自らカメオ出演を申し出たらしいのです。
  • そうか、「Shaun of the Dead」が鍵か。あれも相当オモロイもんなあ。なかなかやりよるなエドガー・ライト。私もすっかりファンだぞ!

デカ長、もの申す
勝ち組、負け組という概念が定着して久しい昨今だが、エドガー・ライトという人は、世間的にいわゆる「負け組」に分類されていると思われる人々を楽しく魅力的に描くんだな。そもそも勝ち負けの基準って一体なんなんだって話だが。そしてこの、独特のブラックな笑い。鋭いジョークと、人情に訴えかけるような笑って泣ける世界が絶妙なバランスで融合されていて、日本で言うと宮藤官九郎の世界に近いんではないかと思われますぞ。

 
  • Facebook

ロンドン生活便利サイト neconote
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ