instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sat, 24 October 2020

シャルロット、20年ぶり!新アルバム発売 from France

シャルロット20年ぶりの新作 8月28日「Because Music」レーベルより、シャルロット・ゲンズブールのセカンド・アルバム「5:55」が発売された。

シャルロットといえば、フランスを代表する歌手、故セルジュ・ゲンスブール(1928-1991)とジェーン・バーキンの娘で、日本では映画女 優として知名度が高い。彼女は、父セルジュ・ゲンズブールがまだ健在だった86年に「Charlotte For Ever」で歌手デビュー。その後、マドンナや エティエンヌ・ダオなどポップ歌手のアルバムに参加しているが、それ以外では特に歌手活動は行っておらず、実に20年ぶりの新作となった。

販売元の「Because Music」レーベルによれば、「シャルロットに焦りは全くない。しかし同時に歌手としての自分も忘れてはいなかった。彼女はデビュー・アルバムから20年間、様々な想いを胸に抱いてレコーディングに臨み、今回のアルバムを完成させた」。

アルバムは、米国で活動中のフランス人グループ「Air」のニコラ・ゴールディンとジャン=ブノア・ダンケル、レイディオヘッドやベ ックのプロデュースでも知られるナイジェル・ゴッドリックによって制作されており、ジャビス・コッカーらが作詞を担当し、全曲英語歌詞となっている。

英語で歌うことにしたいきさつについて、シャルロットは「フランス語で歌うと、どうしても父のことを思い出すので、英語で歌うことにし たの」と話す。アルバム制作で苦労した点については、「ここ20年間、女優として活動してきて、常に監督の指揮の下に行動していました。それ で、今回のアルバム制作にはすごく不安を感じていた時、プロデューサーのナイジェルが、『僕は良い作品に仕上げるために力を貸すが、このアルバムは君の作品だ。君が一番アルバム のことを理解しているはずだ』と言ってくれ、とても励みになりました」と答えている。

シャルロットは今年35歳。偉大な父の影に隠れていたシャイなシャルロットは、これから新しい一歩を踏み出す。このアルバムは英国でも 発売されており、フランス語によるボーナス曲が幾つか含まれるという。

8月28日付「Le Figaro」紙ほか "Charlotte Gainsbourg enfin chanteuse"



 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ