instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストのグリーティング・カード
Tue, 27 October 2020

熟年プレイボーイ、涙の別れ from Germany

熟年プレイボーイ、涙の別れ ドイツのポップス界の大御所で、「永遠のビーチボーイ」の浮名をもつ元モダン・トーキングのディーター・ボーレン(52) が、25歳年下の彼女、エステファニア・キュスターと別れることになり、久々に大衆紙のトップを飾っている。2人の間には1歳になる 男の子がいるが、エステファニアが妊娠中にボーレンが単身でマヨルカ島に遊びに出掛け、美女とアツアツのシーンを撮られたのが今回の原因らしい。

モダン・トーキングといえば、80年代のユーロビート・ブームに乗って、ドイツ出身では稀にみる世界的なブレイクを果たしたダンス・ポ ップ・デュオ。「愛はロマネスク」「ブラザー・ルイ」などのヒット曲で、ヨーロッパではかつてのワム!と覇を競っていたといえば、知らない 人も想像がつくところ。この時代に財産と名声を築き上げたボーレンは、その後もドイツの音楽・芸能界に君臨し、現在も若者のミュージ ック・オーディション番組「ドイツのスーパースターを探せ!」のカリスマ審査員としてお茶の間サービスに精を出している。

そんなスターに付きものなのが、やっぱり女性歴。初婚で3人の子供をもうけたボーレンは、ミス・ドイツに選ばれて人気女優となったベローナ・ポーツ(旧姓フェルトブッシュ)と電 撃結婚&離婚、これと前後してトップ・モデル、ナデルと12年に渡る交際を続けるもエステファニアに出会って同棲へ、とめくるめく私生活をエンジョイしてきた。いずれも南米・アフリカ 系のエキゾチック美女ばかりでうらやましい限りだが、結局は破局に至るはかなさと、その後に暴露本で女達をこき下ろす始末で、ボーレンの「男度」は上がっているとは決していえない。

元ビートルズのポール・マッカートニーが離婚したヘザー・ミルズに支払う莫大な慰謝料が話題になっているが、ボーレンとエステファニアは結婚していない。その上、子供も1 歳で高額の教育費を求める理由にならず、エステファニアの慰謝料は月額750ユーロ(約11万円)が限界とも言われている。ボーレンよ、ここはひとつ男らしさを見せてほしいと ころだが、いかがなものか。

8月27日付「Welt am Sonntag」紙 “Bohlen sucht neuen Superstar”ほか



 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ