instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sat, 26 September 2020

にっちもさっちも行かないアブラモビッチ from UK

英国人の皆様、おめでとーございまーす!! 世界史上最高額の離婚費用を支払うことになった英国在住のロシア人大富豪、ローマン・アブラモビッチ(40)のことである。16年連れ添った妻イリーナさん(39)に、ロシアや欧州各国にある豪邸から自家用ジェット機、豪華ヨットなど総計60億ポンド(約1兆3000億円)相当もの資産を譲渡するというニュースが、世界中を駆け巡ったのだ。

アブラモビッチ氏は世界長者番付で11位、英国内に限ると第2位というまさに正真正銘の大富豪。そして何よりも英国では、サッカーのプレミア・リーグで頂点を争う強豪クラブ、チェルシーを買収したオーナーとして認知されている。

ところがこの男、英国のサッカー・ファンの間ではあまり評判が芳しくない。まずは金にものを言わせて、地元のファンが大切に育ててきたサッカー・クラブを強引に乗っ取ったというイメージがあるのが1つ。次にサッカーに関しては全くのド素人であるにも関わらず、選手の起用法など現場の方針にうるさく口を出すことで有名で、ジョゼ・モウリーニョ監督とはしょっちゅういさかいを起こしている。さらにはネクタイを締めずに、ヨレヨレのYシャツを着ながらヘナヘナとニヤける、あの一見ナメた外見が英国生まれの硬派なフーリガンたちの気に障るのであろう。

アブラモビッチ氏はパリで25歳のロシア人モデル、ダリア・ズコワさんとの密会が報じられた直後の今月13日に、イリーナ夫人との離婚を発表。これまで、じくじたる思いを抱えていた英国人たちが、トラブルの予感いっぱいの離婚劇の行方を固唾を飲んで見守っていた矢先に発表されたのが、このウルトラ級の金額であったわけである。

何でも、かつてスチュワーデスとして働いていたイリーナさんと出会った当時のアブラモビッチ氏は、一文なしであったそうな。そんな過去の負い目もあってか、アブラモビッチ氏の全資産の実に半分が離婚費用となって消えることになった。

こんなスキャンダル、野次ることでは世界一のフーリガンたちが放っておくわけがない。スタジアムに「60億ポンド」の合唱がこだまする日が、しばらく続きそうだ。

「Daily Express」紙
£ 6 Billiion That's the REAL cost of divorce for Abramovich



 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ