instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sat, 26 September 2020

移民の皆さん、「英国民のように」バス停では並びましょう from UK

移民の皆さん、「英国民のように」バス停では並びましょう
マナー違反は移民にのみにあらず?!
文化の多様性、異文化に対する寛容性を謳っているだけあって、色々な国籍の人が暮らしている英国。しかし、文化的・宗教的バックグラウンドの異なる人々が一緒に生活するとなると、誤解や勘違いから様々な問題が生じがち。最近は英国の慣習に従わない移民も増えている。そんな事情からこの度、移民に向けた英国文化のパンフレットが発行されることになった。

と、ここまでは良いニュースのように聞こえるのだが、その内容が議論を呼んでいる。というのも、そのパンフレットには、「英国民は路上に唾を吐きません」だとか「英国民は、バス停や郵便局で列に割り込むことなく行儀良く並びます」だとか「英国民はむやみに喧嘩をふっかけません」などといった、「もしもし、移民を馬鹿にしていませんか?」と思わず尋ねたくなるような基本的なマナーが列挙されているからだ。読んでいると、無教養でマナーのなっていない移民像が浮き彫りになってくるのです。うーむ、最近の英国でのモラルの崩壊はすべて移民が原因であると濡れ衣を着せている気がするのですが、今朝、地下鉄内で食べたバナナの皮を丁寧に座席に置いていったのは、英国人レディーのようでしたし、地下鉄の扉が開いたとたん、空いてる座席めがけて突進したのも英国人ジェントルマンのようでした。また、むやみに喧嘩をふっかけたり、暴れたりすることで有名なのは、英国産のフーリガンなのでは?

それはさておき、移民統合政策への英国政府の取り組みはかなり真剣な模様。これまで多言語で発行されていた政府資料も英語に統一される見込みだし、ポイント制ビザが導入される頃には、ビザ取得に英語力も問われるようになるらしい。また今年4月からは、英国に関する知識を問う「Life in the UK」テストが永住権申請者に適用されるようになった。移民はますます英国社会への理解を求められるようになりそうだ。

「ロンドンでは、英語を話せなくても生活できる」と当たり前のように言われてきたことが、通用しなくなるのも時間の問題かも。その内日本人同士でも英語で話すようにというお達しが出たりして?!

「BBC Online News」 “Measures urged on migrant 'fears' ”



 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ