instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sat, 26 September 2020

ナターシャさんに新しい恋? from Germany

ナターシャさんに新しい恋?
ナターシャさん誘拐のニュースは
世界中のメディアを駆け巡った
PA Photo Ronald Zak
ナターシャ・カンプシュさんという女性を覚えているだろうか。オーストリアで8年半の監禁生活の末、昨年8月に自力で果敢に脱出を果たし、当時本国はもとより他国でも大きな注目を集めた人物だ。事件後まもなく行われた、彼女の堂々としたテレビインタビューを記憶している人もいるだろう。あれから1年。監禁中に受けた精神的なダメージと闘いながら、失われた8年を取り戻すかのように、前向きに、少しずつ「普通の」生活を再開していたナターシャさんに、どうやら新しいボーイフレンドができたようだ。

社会を震撼させた事件が起きたのは1998年。当時10歳だったナターシャさんは登校途中に44歳の男に誘拐され、ウィーン郊外の民家の地下に掘られたわずか6平米の窓のない部屋に監禁された。彼女は外の世界との接触をほとんど絶たれ、そこで8年半を過ごしたが、男のすきを見て逃げ出し、無事保護された。犯人はナターシャさんの逃亡を知った直後に電車に飛び込み、自殺。その後、彼女が「ニワトリ小屋」と語った部屋が公開されるなど事件の全貌が明らかになった。

「とても優しそうで、髪は(俳優の)ヒュー・グラントみたいにふさふさしている」。地元紙がこのたび報じたナターシャさんのお相手とされる男性は、彼女の弁護士の息子である21歳の青年。週末、ウィーン市街のディスコに姿を現した2人はとてもリラックスした様子で、仲睦まじそうに肩を寄せ合っていたという。ナターシャさんは黒のイブニングドレスにネックレス を付け、とてもシックな装いだったとか。

不幸な事件を乗り越え、新たな人生を踏み出した19歳の娘に訪れたハッピーな恋。父親のルートヴィヒさんは2人を温かく見守っていきたいと話している。「でも、優しい男じゃなかったら、娘とは付き合わせないよ」と、世の父親の常套句も。一方、母親のブリギータさんは少し心配な様子だ。「ナターシャは外の世界に出ていくのにとても時間がかかったわ。彼はただのお友達なのでは?」

ボーイフレンドにしろ友達にしろ、19歳の女性として普通の生活を送れることこそが、 ナターシャさんにとってはきっと何よりの幸せに違いない。

「Die Welt」紙ほか “Natascha Kampusch verliebt und flirtend”



 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ