instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sat, 26 September 2020

どうやってワインを選べばよいの!? from France


もはや信用できるのは自分の舌だけ!?
フランスでは、毎年秋になるとワイン・フェアが開かれる。ワインの値段が下がるこの機会に、普段はなかなか手が出ないワン・ランク上のワインを買おうと楽しみにしている愛好家は多い。ワインを選ぶ基準と して一つの目安になっているのがAOC(原産 地統制呼称)。AOCワインとして認められるためには、法律で定められた指定地域でつくられていることや、栽培法やブドウ品種など、各基準について細かな規定を満たしていることが必要とされている。

ところが、優良ワインと格付けされているAOCワインの地位が最近揺らいでいるらし い。消費者団体のUFC-Que choisirが行ったアンケートによると、ワイン生産者、卸売商、 醸造学者などの専門家の約40パーセントが 「AOCはもはや品質保証の役目を果たしていない」と回答。これは、生産量や収穫高の向上を目指すあまり、品質管理をおろそかにした結果なのだとか。また、回答者の約65パー セントが、産地の指定地域を広げすぎた為に、 AOCワインはもはや土壌の特性を反映していないという。

AOC認定を申請した生産者の98パーセントが試験をパスしていることも、この基準の曖 昧さを示していると言える。これに対して、UFCでは、AOC指定に必要となる基準を定める仕様書を改編すること、さらに基準値を満たしていないワインを格下げするという荒治療まで提案している。 このニュースに頭を抱えているのはワイ の生産者たちだけではない。AOCが信用できないとなると、消費者にとって頼りになるの はワインに対する確かな知識、ということに なるが、実はフランス人の4分の3は、ワインの生産地、銘柄、ブトウ品種、価格などを何も理解していないという。フランス人がみん なワイン通だと思ったら大間違いで、ソムリエ気取りでワインに関してスノッブなコメントをする人などほとんどいない。大多数は、 ラベルのデザインやフィーリング、そしてAOCの基準を頼りにワインを選んでいるのが現実なのである。ワイン大国、フランス国民の名にかけて、この秋はあれこれ試してワインのお勉強!?

「Le Parisien」紙 "Les vins AOC sur la sellette"



 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ