instagram Facebook ツイッター
Sun, 08 December 2019

新番組「第2のユリ・ゲラーを探せ!」がスタート from Germany

新番組「第2のユリ・ゲラーを探せ!」がスタート
 超能力か、トリックか……
 ©www.pixelio.de
1980年代後半、スプーン曲げで日本に超能力ブームを巻き起こしたイスラエル出身のユリ・ゲラーさんも、いまや61歳。世界のトップスターの座から離れて久しいが、このほどプロ・ジーベン局で、第2のユリ・ゲラーを発掘する新番組「The Next Uri Geller」が始まった。超能力を信じるという人も信じないという人も、ブーム再来を機にもう一度超能力を検証してみてはどうだろう。

といってもこの番組、実はなんら新しいものではなく、本場イスラエルで放映された番組「The Successor」のドイツ版。イスラエル版は大成功したが、ゲラーさんがコンパスを動かすという念力を披露する際、耳の後ろから何か(磁石!?)を取り出し、左手の親指に付けた様子がしっかりと映像に収められ、全世界から再び「ペテン師」の非難を浴びる結果にもなっている。20~30年前には考えられなかったことだが、今はインターネットで動画を共有するサービスYouTubeがあるおかげで、世界中の人がこの映像を見ることができたのだ。

そんな中でスタートを切ることになったドイツ版だが、同局は「観客がスプーン曲げに夢中になるのは、今も昔も同じ」と自信たっぷり。当のゲラーさんも「私の登場で、視聴者宅でもスプーンが曲がったり、壊れた時計が再び時を刻んだりするだろう」とのたまっている。実際、初回は20.1%(14~49歳対象)という高視聴率を記録した。

番組の内容はというと、透視やテレパシー、念力、予知能力、はたまた30秒間心臓を停止させるなど、超自然的な力を持つという候補者10人が、生放送でそれぞれの力を示すというもの。毎回視聴者と審査員から選ばれなかった人が落選していき、最終的に残った人が「第2のユリ・ゲラー」となる。でもゲラーさんが引退するわけではないのだとか。

初回で落選したのは、中国人の両親を持ち、精神を鍛えるため日本で何年か修行を積んだという、英語なまりのドイツ語を操る「ザ・サムライ」こと、ハヤシ氏(34)。個人的には参加者の皆が皆、リアクション過多な「マジシャン」という感が否めなかったが……。さてあなたの判断は?

「Spiegel Online」ほか "Deutschlands nachster Loffelbieger"



 
  • Facebook

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ