instagram Facebook ツイッター
NHK交響楽団 nhkso
Tue, 10 December 2019

ロンドンのアートを満喫したい!お得なメンバーシップ制度比較表

世界屈指のアート施設が密集するロンドン。とりわけ今年は、入場券をめぐり長蛇の列ができるほどの大きな人気を集める展示会が数多く催されており、アートに彩られた一年になると予想される。またロンドン在住者であれば、何度も通いたいと思えるような、お気に入りのアート施設が一つや二つあるはず。お得なだけでなく、芸術に関して造詣の深い人に尊敬が集まる英国では一種のステータスにもなる、各アート施設の会員制度をご紹介する。
学生に優しい割安なメンバーシップ

ICA Membership

ロンドンの物価高には日々苦しめられている、懐事情の厳しい学生に対して10ポンドという割安な会員制度を提供しているのが、現代芸術協会ことICA。学生会員になれば、通常は一本当たり10ポンドの料金が発生する映画を12本も無料でプレビューできる権利を得ることになるので、会員になった途端に元を取ったようなもの。また在英邦人にとってうれしいのは、ここICAでは日本映画が頻繁に上映されていることだ。さらに、トラファルガー広場とバッキンガム宮殿を結ぶ大通りに面したこの施設には、劇場に特別展示場、そしてオーガニック素材を用いた食事を提供するバー・エリアと娯楽スペースがてんこ盛り。会員には10%の割引料金が適用されるバーは、週末は深夜1時までオープンしているので、ちょっとおしゃれな夜遊びにもどうぞ。

ICA料金: 学生£10(一般は£40)

Institute of Contemporary Arts(ICA)
The Mall, London SW1Y 5AH
Tel: 020 7930 3647
Charing Cross駅
www.ica.org.uk

格安の学生割引!
12本分の映画を一本当たり£1.2で観られる計算に!


そのほかの特典■ ショップやカフェ/バーが10%以上の割引
■ 映画や演劇の鑑賞チケットにも割引が適用

注目のイベント
Whose Film is it Anyway? Contemporary Japanese Auteurs

それでもボクはやってない「オリジナル脚本を使った現代の日本映画」をテーマに、2000年以降に製作された作品で、監督が原作/脚本を手掛けた9本を紹介する国際交流基金主催イベントのロンドン上映。周防正行監督の「それでもボクはやってない」などが上映される。
2月10日(金)〜2月16日(木)まで
月〜水12:00-23:00(木〜土12:00-翌1:00、日12:00-21:00)
£10
家族そろってメガヒット展の行列をすっ飛ばす

The Friends of the Royal Academy of Arts

現在開催中の英国人画家デービッド・ホックニー展や、毎年夏期に開催される「サマー・エキシビション」など、一年を通じてメガヒット展が開催されるロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの入り口では、週末ともなると長蛇の列ができる。そこで事前に予約しなければ観覧できない日さえもあるという前述のホックニー展に入場するための裏技をここで紹介。それは、「フレンズ」と呼ばれる年間会員になってしまうこと。会員には優先的に入場券が割り当てられる仕組みになっているし、一般鑑賞者に先駆けて開催されるプレビューの機会も得られる。また会員権の保持者には、大人1人、子供4人まで無料での同伴が認められていることも家族連れにはうれしい。さらに英国美術界の総本山の会員権は、絶好のステータスにもなるはず。

Royal Academy of Arts 料金: £100(16〜25歳は£45)

Royal Academy of Arts
Burlington House, Piccadilly London W1J 0BD
Tel: 020 7300 8000
Green Park / Piccadilly Circus駅
www.royalacademy.org.uk

手厚い家族特典!
子供2人を持つ4人家族であれば、 特別展を年に2回通う料金とほぼ同額!

そのほかの特典■ 長蛇の列ができるメガヒット展へスピード入場可
■ 展覧会の正式オープン前のプレビュー・イベントでの鑑賞可

注目のイベント
David Hockney RA: A Bigger Picture

ホックニー今年、英メリット勲章を受勲した画家、デービッド・ホックニーのエキシビション。デビュー当時のポップな色調はそのままに、以前から愛していたというヨークシャー東部の風景を、巨大キャンバスに描いた連作を展示する。
4月9日(月)まで
10:00 -18:00(金は22:00まで)
£14(シニア£13、学生£9)
英国各地のテイトで利用できるのでアート旅行に最適

Tate Members

このカードの最大のメリットは、英国に4カ所存在するテイト美術館すべてで利用できるということ。つまり、年間500万人が訪れるという人気現代美術館テイト・モダン、ウィリアム・ターナーなど英国人画家のコレクションを充実させたテイト・ブリテン、芸術施設がいっぱいの街に建てられたテイト・リバプールとテイト・セント・アイブスの4カ所で利用可能だ。加えて、ロンドンの2つのテイトを結ぶ連絡船の乗船券割引という特典も用意されている。さらに利用価値が高いと評判なのが、テイト・モダンの上階に設営されたメンバー専用カフェ。同様にメンバー専用エリアを設けているアート施設は数多いが、テムズ河の対岸にセント・ポール大聖堂を望む眺めを見渡すことのできるこの空間の優雅な雰囲気は格別との声多し。

Tate Modern料金: £67(一人ゲストを伴う場合は£97)

Tate Modern
Bankside, London
SE1 9TG
Tel: 020 7887 8888
Southwark /St. Paul駅
www.tate.org.uk/modern

Tate Britain
Millbank, London
SW1P 4RG
Tel: 020 7887 8888
Pimlico駅
www.tate.org.uk/britain

全国のテイトで利用可!
2人で英国各地のテイト美術館を年4回以上訪れればお得!


そのほかの特典■ テイト・モダン、テイト・ブリテンの
メンバー専用カフェの利用可
■ ショップでの買い物が割引

特典会員を持つそのほかのメリット

1. 会員専用のカフェは待ち合わせに最適
アート施設に設けられた会員専用のバーやカフェは、デートに、またはちょっと趣向を変えた場所で仕事の打ち合わせを行いたいときなどに好印象を与えるアイテムになること間違いなし。

2. 興味のあるアート分野の知識を深める
会員向けに発行されている冊子や、関連イベントの案内の送付が会員特典に含まれていることが多い。ロンドンのアート施設は、どこも各分野における世界屈指の機関。特定の興味を世界レベルで極めることができる。

3. アート施設通いがより積極的に
普段からアートに興味を持っていても、週末になると疲れを感じてしまい、ついつい家でダラダラ過ごしてしまうというのが現実。会員になってしまえば、「元を取ろう」という気持ちが働いて、積極的にアート施設通いをすることに。

現代美術からクラシック音楽まで幅広くカバー

Southbank Centre Membership

芸術施設がずらりと並ぶテムズ河南岸の中心地であるサウスバンク・センター。この施設を訪れる最大の魅力は、絵画や写真、立体アート、クラシック音楽からジャズまで、様々な種類のアートを幅広く堪能できるという点。特別会員になれば、斬新な現代美術の展覧会を頻繁に催しているヘイワード・ギャラリーへの入場が無料。さらに、内田光子を始めとする日本人アーティストを含む各ジャンルの大物音楽家のコンサートが開催されるロイヤル・フェスティバル・ホールや、舞台作品が頻繁に上映されるクイーン・エリザベス・ホールの利用にも割引特典が。こちらはチケット予約手数料が無料になるのみというので正直それほど大きな魅力ではないが、近隣地区のショップでの割引特典などもあるから、この区域に頻繁に通うのであれば検討の価値あり。

Southbank Centre料金: £45

Southbank Centre
Hayward Gallery

Belvedere Road, London SE1 8XX
Tel: 0844 875 0073
Waterloo駅
www.southbankcentre.co.uk

サウスバンクを満喫!
サウスバンクの各アート施設に加えて近隣のショップなどでの割引特典あり

そのほかの特典■ ヘイワード・ギャラリーへの入場が無料
■ チケット予約手数料が無料

注目のイベント
David Shrigley: Brain Activity

David Shrigleyビジュアル・アーティスト、デービッド・シュリグリーの個展。日本の人気アーティスト奈良美智とのコラボレーションや、ロック・バンド、ブラーのためのアニメーション、ジャケットなども手掛けている彼の作品を展示。
5月13日(日)まで 
10:00-18:00 
£8
サウス・ケンジントン地区のオアシスに

V & A Menbership

世界各国の宝飾品を集めた大英博物館や、主に西欧における巨匠画家の作品が並ぶナショナル・ギャラリーといった高尚なイメージを持つアート施設と比較して、日常生活により根差した工業芸術を主に扱うことで人気を集めるV&A。まず、週末はチケットの購入のために長蛇の列ができることも珍しくない特別展への入場が無料になる会員制度はありがたい。またこの施設の会員権の最大の売りが、ほぼ毎週1回のペースで行われている会員限定イベントの充実ぶり。またそれ自身が芸術品のようであると形容される美しさで定評のあるカフェでの飲食物の割引特典も人気がある。このカフェなら、近隣に博物館やコンサート・ホールといった芸術施設が並び、ショッピングにも便利なサウス・ケンジントン地区での絶好のお茶スポットとなるはず。

Victoria & Albert Museum 料金: £64(一家族£94)

Victoria & Albert Museum
Cromwell Road, London SW7 2RL
Tel: 020 7942 2000
South Kensington駅
www.vam.ac.uk

会員イベントが充実!
毎週のようにサウス・ケンジントン地区に立ち寄ることがある人はお得!

そのほかの特典■ 特別展への入場料が無料
■ ショップでの買い物が10%割引

注目のイベント
Queen Elizabeth ll by Cecil Beaton

エリザベス女王のポートレート第二次大戦中から戦後にかけて活躍した英国のフォトグラファー、セシル・ビートンが撮影した、若き日のエリザベス女王のポートレートを集めたエキシビション。ダイヤモンド・ジュビリー(即位60周年記念イベント)の一環。
2月8日(水)〜4月22日(日)
10:00-17:45(金は22:00まで) 
£7
大英博物館の中でお泊りができる!

British Museum Membership

ロンドン随一の観光名所と言われる大英博物館。ほかのアート施設と同様に「特別展への入場無料」に加えて、「いつも観光客でいっぱいの常設展を会員のみに公開」という会員特典を用意している。「メンバーズ・オープン・イブニング」と呼ばれるイベントでは、夕方6時にいったん一般訪問客を締め出してから、夜遅くにかけて会員限定で公開。その間、普段は観光客によって視界が遮られている展示を、会員はほぼ一人占めで鑑賞できることになる。さらに年6回用意されている、「スリープオーバー」と名付けられた家族向けのイベントでは、博物館内に宿泊できるという特典も。ハリウッド映画「ナイト ミュージアム」を現実化したようなこの試みに、子供たちが興奮すること間違いなし。また今年は博物館内に新たに会員専用スペースが設営されるとのことなので、お楽しみを。

British Museum 料金: £52(8〜15歳は£20)

British Museum
Great Russell Street, London WC1B 3DG
Tel: 020 7323 8181
Holborn駅
www.britishmuseum.org

大英博物館内で宿泊!
小さなお子さんがいる家族連れに最適

そのほかの特典■ 特別展への入場が無料
■ 観光客がいない夕方からの会員特別イベントに参加可能

注目のイベント
Grayson Perry: The Tomb of the Unknown Craftsman

Grayson Perryポップでグロテスクな陶芸作品と女装趣味で知られる、英ターナー賞受賞アーティスト、グレイソン・ペリーのエキシビション。彼の新作に加え、ペリーによって選出された大英博物館所蔵の工芸品も併せて展示される。
2月26日(日)まで 
10:00-17:30(金は20:30)
£10
入場券がそのまま年間通し券に

London Transport Museum Ticket

ロンドン市内中心部にある多くのアート施設の特別会員制度は、大人一人につき年間で50〜100ポンドというのが料金の相場となっている中、この博物館の年間パスは10ポンド代。入場チケットが事実上の年間通し券となっているため、「年間会員になる」という特別な覚悟を持たずとも、気軽に何度も再訪できる場所となっている。周辺におしゃれなお店が並ぶコベント・ガーデンの一角にあるので、家族総出での買い物や食事する機会にも便利。また何より、原寸大のロンドン・バスなどの展示物を目にすれば子供は大喜びするはず。またショップには、鉄道模型はもちろん、ロンドン地下鉄駅の名物アナウンス「Mind the Gap(電車とプラットフォームの隙間にご注意ください」を記した関連グッズなども置いてあり、お土産やおもちゃの購入にも最適。

London Tranport Museum  料金: £13.50(学生・シニア£10)

London Tranport Museum
Covent Garden Piazza, London WC2E 7BB
Tel: 020 7379 6344
Covent Garden駅
www.ltmuseum.co.uk

格安の年間パス!
10ポンド代の入場券購入で1年間行き放題!


そのほかの特典■ 16歳未満は入場無料
■ グループ割引もあり

注目のイベント
Sense and the City Smart, Connected and on the Move

London Transport Museum電気自動車、GPSやインターネットのワイヤレス・ネットワークといった科学技術がロンドンという街を移動する際にどのような変化を与えているかを探る特別展。アーティストたちが描いた未来予想図などとともに展示する。
3月18日(日)まで
10:00-18:00(金のみ〜21:00)
ロンドンのアート施設を満遍なくカバー

The Art Fund National Art Pass

英国各地のアート施設に様々な支援を行うことを目的に設立された機関「アート・ファンド」が提供する年間パス。一年にわたって、コートールド・ギャラリー、ダリッチ・ピクチャー・ギャラリー、ケンジントン宮殿などといった比較的小さなアート施設への入場が無料となる。一例を挙げると、これらの施設すべてを対象としたアート・ファンドの年会費と、コートールド美術館のみの年間会員費が実は同額なので、それだけでこの年間パスのお得具合が分かるというもの。加えて、大英博物館、ナショナル・ギャラリー、V&A といった大型施設の特別展も半額となる。さらにエディンバラやカーディフなど、旅行先として人気を集める街にある主要なアート施設でも割引特典が用意されているので、アート・スポット巡りをする人はかなりのお得感を実感できるはず。

Art Fund

料金: £50(ペアは£70)

The Art Fund
www.artfund.org

200カ所で入場無料
コートールド美術館の年会費と同額で
同美術館含むアート施設への入場が無料!


そのほかの特典■ 1英国各地の主要なアート施設の特別展で50%割引
■ アート・ファンドの年間パスで、下記のイベントも半額に

注目のイベント
Lucian Freud Portraits

Lucian Freud Portraits昨年夏に88歳で死去した、英国を代表する具象画家の一人、ルシアン・フロイドの大回顧展。絵の具を厚塗りする特徴的な画法で、身近な人々をモデルに描き続けたフロイドの未公開作品を含む約100点の作品を展示する。
2月9日(木)〜5月27日(日)
10:00-18:00(木・金は21:00まで)
£14

*上記料金はすべてクレジット・カードでの支払いによるもの。
銀行口座からの自動引き落としにすると、さらに割安になる場合が多くあります。

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ