Yutaka
Thu, 21 October 2021

本当に使える会計

経営において会計は身を守る防具だけでなく、勝ち抜くための武器にもなります。英国日系企業の経営者が知っておきたい会計トピックを、会計のプロが分かりやすく解説。

2021年度予算における法人税のポイント

法人税の税率が引き上げられるのですか。

法人税の標準税率は、2023年4月1日から現行の19パーセントから25パーセントに、6パーセント引き上げられます。

新しい税率はどの企業にも適用されますか。

いいえ、利益が5万ポンド未満の企業にはこれまで通り19パーセントの税率が適用され、利益が30万ポンドを超えた場合にのみ25パーセントの税率になります。ただし、一つ以上の関連会社がある場合には、この基準額が引き下げられるほか、5人以下で管理する投資持株会社には適用されません。

清算中の企業はどうなりますか。

清算中の企業は、非公開投資持株会社と見なされる可能性が高く、19パーセントの小額利益法人税率の対象にはなりません。

企業の決算期が3月31日でない場合はどうなりますか。

企業の課税対象利益は、会計期間を通じて均等に発生すると見なされます。この一般的ルールに基づいて、企業の利益は2023年3月31日までの期間(19パーセントの課税対象)と2023年4月1日以降の期間(25パーセントの課税対象)で期間を分割して配分されます。利益を配分する別の基準のほうが「公正かつ合理的」な結果を得られる場合には、その基準を使用できます。しかし、その基準は歳入関税庁(HMRC)から異議を唱えられる可能性があります。このため3月31日以前に発生した利益が不釣り合いに大きい場合には、会計期間の短縮を検討することをお勧めします。

納税日は引き続き同じですか。

はい、通常の納税期限である法人税申告期間の終了から9カ月と1日に変更はありません。ただし2023年4月1日に、四半期分割払い(QIP)に関する関連会社の定義が「同一の企業グループ内の会社」から「共通の支配下にある会社」に変更されるため、個人が二つの会社を直接所有している場合、今後はこうした会社もQIPでは関連会社となります。このため、QIP制度の対象となる企業が増えることになります。

適格な設備や機器に対する新しいスーパー控除とは何ですか。

2021年4月1日から2023年3月31日までの間、一般資本控除区分資産の対象である新しい設備や機器の費用の130パーセントを初年度に控除できます。ただし、リース事業(不動産賃貸を含む)で使用する資産については除きます。特別税率区分資産の対象となる資産の場合には、初年度に50パーセントの控除が受けられます。これら二つの初年度の控除は、法人のみが対象となります。

年次投資控除について教えてください。

予定されていた年次投資控除(AIA)の100万ポンドから20万ポンドへの引き下げは中止され、2021年の暦年では100万ポンドに据え置かれます。AIAはグループ全体に分散しなければなりませんが、新しい初年度のスーパー控除とは異なり、非法人会社にも適用されます。

損失繰り戻しのルールの変更点は何ですか。

企業は通常、取引上の損失を前年度の利益に対して繰り戻すことができます。ただし企業が事業を停止した年では、損失を直近の過去3年間の利益まで繰り戻せます。この過去3年間の繰り戻しが、2020年4月1日から2022年3月31日の間に会計期間が終了するどの企業にも適用されるため、新型コロナウイルスのパンデミックの期間をカバーできます。

アンディー・トール アンディー・トール
税務ダイレクター
税務と税務会計コンプライアンス、HMRCへの照会、オーナーの利益抽出と出口戦略、R & D優遇の請求、キャピタル・アローワンスの請求、税務デュー・ディリジェンス、M & Aの税務など幅広い経験を持つ。

財務
 

パートナー&パートナーデジグネート

  • 会計パートナー陣スティーブン
  • 会計パートナー陣ジョン
  • 会計パートナー陣イアン
  • 会計パートナー陣祐介
  • 会計パートナー陣ジェフ
  • 会計パートナー陣アンディー
  • 会計パートナー陣チー
  • 会計パートナー陣ルーク

当記事はあくまでも一般的な情報を提供する目的で作成されており、専門的なアドバイスを目的としたものではない為、これを受けての対応は独自の責任の下で行ってください。
正式なアドバイスは、全体的且つ詳細状況を把握した上にのみに提供される必要があります。また、ここに記載の情報は、執筆当時において最も正確なものとして提供を行っています。
更なる情報やアドバイスをお求めの場合、別途下記までご連絡ください。

グリーンバック・アラン LLP
「日系に強い会計事務所」として長年にわたり多くの日系クライアントに、会計、監査、税務、各種アドバイスから経理業務まで幅広いサービスを提供。迅速かつ的確な対応をお約束いたします。日系部署が、窓口から実務まで日本語にてサポート。

グリーンバック・アラン LLPGreenback Alan LLP
89 Spa Road, London SE16 3SG
Tel: 020-7403-5959
Email: jonf@gballp.com(日本語)
Website: www.gballp.com
  • Facebook

グリーティングカード制作 ニュースダイジェスト カレンダー販売 - Calendar プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
JFC ゆめにしき
バナー バナー バナー londoniryo_dental

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ