instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Thu, 12 December 2019

Charlotte Street W1

アクセス
undergroundGoodge Street駅より徒歩5分

1. 何種類ものワインを味わいたい
Vagabond

Vagabond

ガラス・ケースの中にズラリと並ぶすべてのワイン・ボトルからニョキリ伸びる管――こちらはプリペイド・カードを使って、好きなボトルから自由にセルフサービスができる仕組みのワイン・バー。100種類は常備しているというワインは、どれも世界各地の小さな醸造所で生産された、質は高いが値段は手ごろなものばかり。125mlという少量から試せるので、多くの種類を楽しみたい人にはピッタリ。

25 Charlotte Street W1T 1RW
Tel: 020 3302 4044
月~木 11:00–23:00 金・土 11:00–0:00 日 11:00–20:00
http://vagabondwines.co.uk

2. イタリア直送の新鮮なモッツァレラを
Obicà Mozzarella Bar

Obicà Mozzarella Bar

週3回、イタリアの農場から空輸されるフレッシュ・モッツァレラ・チーズを味わえるイタリアン・レストラン &バー。一口にモッツァレラと言っても甘くデリケートなもの、香りの強いもの、また藁でスモークされたタイプなど、それぞれに全く違う味わいなのだとか。ワインで熟成されたハムや、イタリア産石挽き粉を使ったクリスプなピザなどをお供に、ついワインが進んでしまいそうだ。

11-13 Charlotte Street W1T 1RH
Tel: 020 7637 7153
月~土 12:00-23:00 日 12:00-22:00
http://obica.com

*住所が変わりました(上記は旧住所です)。詳細はウェブサイトをご参照ください。

3. ケーキ・デザインがポップに
Konditor & Cook

Konditor & Cook

ポップなデザインのケーキがそろうショップ。ダーク・チョコレートたっぷりのカーリーワーリー・ケーキや、パーティーにピッタリなミニスクエア型のケーキなどは見るからに楽しく、手作りの味わいで人気の定番商品だ。相談にじっくり乗ってくれる注文ケーキも、グルテン・フリーや乳製品なしの選択があり、評判が良い。ベイキングやデコレーションを学べるケーキ・スクールもあるので、のぞいてみたい。

39 Goodge Street W1T 2PX
Tel: 020 7633 3333
月~金 8:30–19:30 土・日 11:30-18:30
www.konditorandcook.com

4. 20年続くフィリピン家庭料理の店
Josephine’s Filipino Restaurant

移り変わりの激しいこの地区にあって、20年間続くフィリピン料理のレストラン。家族経営らしい温かい雰囲気に惹かれてやって来るなじみ客も多い。家庭料理の味わいをそのままに、とキッチンを仕切るのは一家のお母さん。お酢の効いた煮込み料理アドボやココナツ・ソースのシーフードなど試したいものばかりだが、特にミルクフィッシュと呼ばれる白身魚は、デリケートかつ奥深い味でお勧めだ。

4 Charlotte Street W1T 2LP
Tel: 020 7580 6551
月~土 12:00-15:00 / 18:00-23:00 日 12:30-22:30
www.josephinesrestaurant.co.uk

5. ドイツの本格派ソーセージ
Herman ze German

本物のドイツ・ソーセージが食べたい! と2人のドイツ人オーナーが始めたブルスト & シュニッツェルの店。ソーセージはドイツのブラック・フォレストで作られ、直輸入されたグルテン・フリーの本格派。ポーションも大きく食べ応え十分。ガッツリ系ドイツ風ストリート・フードといった趣だ。地階にはグループで座れるスペースもあるが、お天気が良ければぜひドイツ産ソーダとともに外で楽しみたい。

43 Charlotte Street W1T 1RS
Tel: 020 7323 9207
月~木 8:00-23:30 金 8:00-0:00 土 11:00-0:00 日 11:00-22:30 
www.hermanzegerman.com

取材・写真: Keiko Lippard

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ