instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Sat, 07 December 2019

指定暴力団山口組が機関紙「山口組新報」を発行

It sounds like a church newsletter
教会発行のニュースレターのよう

「ガーディアン」紙 7月11日付

ページを埋めるのは俳句、無邪気な釣りの楽しみに関する記事、そして読者に向けてのお願いと聞くと、まるで教会が発行するニュースレターのように思えてくる。だが、これが日本で最も強力な暴力団である山口組が発行する機関誌なのである。表紙には若い団員たちに忠誠や規律といったやくざの伝統的な価値観を順守するよう促す篠田建市組長の記事が掲載されている。この機関誌が新たな団員の勧誘に役立つことはないかもしれないが、少なくとも既に犯罪者としての毎日を送っている者たちにとっては多少の気晴らしとなるだろう。

It looks like the magazine in a hairdresser’s waiting room
美容室の待合室にある雑誌のよう

「タイムズ」紙 7月11日付

ボード・ゲームについてのコラムなどが並んだその誌面は、美容院や歯医者の待合室に時間をつぶすために置かれている雑誌を彷彿とさせる。暴力団排除条例が施行されたことによって、日本の暴力団は多大な打撃を受けた。実はこの条例は暴力団を直接的に取り締まるのではなく、彼らと取引をした企業に罰則を与えるものである。その結果、暴力団は会合の際のケータリング会社、葬儀用の花屋、名刺をつくる印刷会社を見付けることができなくなってしまった。ちなみに今回発行された「山口組新報」を印刷した会社はいまだ判明していない。

他にもこんな報道が……

サラリーマンのお小遣いが最低レベルに
「ガーディアン」紙 7月3日

日本のサラリーマンのお小遣いが過去30年で最低レベルであると報じる。「日本では夫が一家の大黒柱である家庭においても、妻が財布の紐を握るのが一般的」との補足説明付き。

東京電力を救うのは女性の力
「デーリー・テレグラフ」紙 7月5日

東京電力原子力改革監視委員会のメンバーとなったバーバラ・ジャッジ英国原子力公社名誉会長とのインタビューを掲載。「原発の反対派には、教養のある女性が多い」「女性は女性の言うことを信用する」などの理由から、東京電力にとっては日本人女性による広報活動が鍵になるとの持論を展開。

「引きこもり」になる理由とは
BBC Online News 7月5日

100万人に及ぶ日本の若者たちが引きこもり状態となっている現状を伝えるとともに、「世間体」や「甘え」といった社会的な要因を解説。

万引き摘発件数で高齢者が若者を上回る
「デーリー・テレグラフ」紙 7月9日

昨年に東京で発生した万引き事件で、65歳以上の高齢者の摘発者数が10代の少年少女を上回ったとのニュースを報道。この現象の背景には高齢者の孤独や貧困といった問題がある可能性を指摘している。
 
  • Facebook

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ