jal
Fri, 02 December 2022

福島第1原発における放射能汚染水の水漏れ

Japan's energy conundrum just got worse
日本のエネルギー問題はさらに悪化

「エコノミスト」誌 8月24日

原子力規制委員会は8月21日、福島第1原子力発電所における放射能汚染水の水漏れに対する評価を引き上げた。東京電力は代替燃料の費用と避難者への補償で膨大な額の支払いに直面しており、水漏れを点検するための最も基本的なシステムさえ設置できていない。放射性廃棄物の管理について研究するシェフィールド大学のニール・ハヤット教授は「ステンレス製の蓋が付いたタンクが必要だが、用意するには時間とお金がかかる」と述べている。福島第1原発が明らかに制御不能となった今、日本のエネルギー問題はさらに悪化している。

One in 5000
メルトダウンの確率は5000分の1に

「ガーディアン」紙 8月21日

東京電力が、福島第1原子力発電所の貯蔵タンクから300トンもの高濃度放射能汚染水が漏れていたことを認めた。福島での事故は原子力発電に対する信頼を揺るがし、台湾、ドイツ、そして英国のエネルギー政策にも影響を与えている。それまでチェルノブイリ原子力発電所で発生したようなメルトダウンが起こる可能性は10万分の1とされていた。しかし、福島の事故が25年後に発生したことでその確率は5000分の1へと一気に高まった。しかも、福島を襲ったような一連の壊滅的な出来事は危機管理において想定されていなかったのだ。

他にもこんな報道が……

コスプレとジーンズの共通点
「サンデー・タイムズ」紙 8月11日

日本のコスプレ文化を「別に奇妙なことではない」と擁護。「コンピューター・ゲームのキャラクターになり切るために何十万円ものお金を費やすのは、麦わら帽子を被るのと大して変わりはない」と説明している。

リアルなひざまくらが販売
「デーリー・メール」紙 8月13日

成田空港で人間の膝の形をした枕であるその名も「ひざまくら」が販売されていると報じる。

新スーパーヒーローが登場
「イブニング・スタンダード」紙 8月23日

エレベーターがない、東京メトロの方南町駅で重い荷物を運ぶスーパーヒーロー「ベビーカー・おろすんジャー」が出現したと紹介。

インターネット中毒者に「断絶合宿」
「デーリー・テレグラフ」紙 8月27日

日本の文部科学省が、インターネットへのアクセスを断絶した野外教育施設などでインターネット中毒の若者を野外活動に従事させるための合宿を行うことを計画していると報道。

最初の5分間が素晴らしい
「ガーディアン」紙 8月28日

三池崇史監督のバイオレンス映画「DEAD OR ALIVE 犯罪者」の序盤を大絶賛。
 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ