instagram Facebook ツイッター
早稲田アカデミー 夏期講演会 in ロンドン
Mon, 10 August 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

マクドナルドの新しいストローの嘘みたいな本当の話

昨年、環境保全の一環として、英国内の店舗でプラスチック製ストローの使用を中止した米大手ファストフード店のマクドナルド。ところが、代わって採用された新しい紙製のストローが物議を醸しているという。BBC他各紙が伝えた。

エコ・フレンドリーなストローとして昨年秋から使用が始まった紙製のストローは、現在英国とアイルランドで使用されているが、漏えいされた同社の内部メモによると、新しいストローは紙に厚みがあるせいで簡単にリサイクルすることができず、やむなく可燃ごみになっているのだとか! ちなみに以前のプラスチック・ストローはリサイクル可能だった。

厚みのあるストローが生まれた経緯はその使用感にある。一部の顧客から、飲み終わる前に飲み口が水分のせいでヘナヘナになって機能せず、最後まで飲み切れないとクレームがあった。同社がその解決策としてストローの厚みを増したところ、素材自体はリサイクル可能にもかかわらず、作業行程が難しいことが分かったという。

同社は現在解決策を模索中とのことで、それが見つかるまでは、一般廃棄物として処理を続けるのだそう。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ