kanada-ya
Sat, 24 September 2022

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ごみ収集の男性がキルトで仕事

夏でも長ズボンを履かなければいけないとするカウンシルの規則に抗議して、キルトを履いて仕事をすることに決めたごみ収集の男性。鮮やかな蛍光色のキルトを身に着けた姿が話題になっている。「メトロ」紙が伝えた。

英北部ヨークの家庭廃棄物センターに勤務するリー・モランさんは、欧州大陸から来る熱波の影響でここ数日続く猛暑に耐えかねて、何とかクール・ダウンする方法を探した結果、キルトという妙案にたどりついた。モランさんと同僚が着用を余儀なくされているナイロン生地のユニフォームは長ズボンで、控えめにいっても、今後も続く暑さに適した代物ではない。現にモランさんは5年にわたりヨークのカウンシルに短パン着用を訴えてきたが、短パンでのごみ収集は安全基準に沿わないと却下され続けていた。腹に据えかねたモランさんは、カナダの業者に60ポンドのハイビス・キルトを特別注文。これは上司から「安全基準にキルト禁止とは書いてないよ」と言われたのがきっかけだったという。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

ニュースダイジェスト カレンダー販売 - Calendar
JFC ゆめにしき
バナー バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ