instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストのグリーティング・カード
Wed, 21 October 2020

イギリス国内のイベントはまだ中止や延期になっているものがあります。詳細は、イベントの各公式サイトなどでご確認ください。

● 英国における新型コロナウイルス最新情報・関連記事まとめ
● 展覧会などイベント情報

イギリス・ロンドンのイベント紹介

ミュージアム・アット・ナイトでも公開
ロンドンにある歴史上の偉人の邸宅

博物館施設の開館時間を特別に夜間まで延長する恒例イベント「ミュージアム・アット・ナイト」が、今年から秋にも開催されることになった。今回は、同イベントに参加するものの中から、歴史上の偉人にまつわる施設を紹介する。

Museum at Night
10月30日(金)・31日(土)

英各地の博物館施設で開催
museumsatnight.org.uk

辞書編纂で知られるあの博士の仕事場
ドクター・ジョンソンズ・ハウス

あん

18世紀にはまだ珍しかった、日常語を集めた英語の辞書を独力で編纂 (へんさん) したサミュエル・ジョンソン博士。かつて同博士の住居兼仕事場として利用されていたこの博物館施設が、金曜日の夜に開館時間を延長。無償で提供されるワインを飲みながらの優雅な博物館見学を楽しむことができる。

10月30日(金)17:00-20:00 £4.5

Dr Johnson's House
17 Gough Square, London EC4A 3DE
Tel: 020 7353 3745
Chancery Lane/Blackfriars駅
www.drjohnsonshouse.org

バロックとロックをつないだ邸宅
ヘンデル・ハウス・ミュージアム

Handel House Museum

ドイツで生まれ、後に英国に帰化した、バロック期を代表する作曲家のゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル。彼の個人宅では、ろうそくの光をテーマとした音楽の夕べが開催される。ちなみに1990年代には米ロック・ギタリストのジミ・ヘンドリックスがこの建物で暮らしていた。

10月30日(金)17:00-20:00 £4.5

Handel House Museum
25 Brook Street, London W1K 4HB
Tel: 020 7495 1685
Bond Street駅
www.handelhouse.org

あの名作はこの地で生まれた
キーツ・ハウス

Keats House

英国の代表的なロマン派詩人ジョン・キーツが、名作「ナイチンゲールに寄す」を書いたとされるのがこの邸宅。17世紀前半に憂鬱についての研究成果を発表した英学者のロバート・バートンにキーツが傾倒していたことから、当日は憂鬱解消を目的とした様々な企画が行われる予定。

10月30日(金)19:00-21:30 £8

Keats House
Keats Grove, Hampstead, London NW3 2RR
Hampstead Heath駅
www.eventbrite.co.uk/e/medicine-for-melancholy-late-night-keats-tickets-17894514976(チケット申し込み)

ナチスから逃げてたどり着いた場所
フロイト・ミュージアム

Freud Museum

ナチス・ドイツのオーストリア侵攻を受けて、ロンドンに亡命した精神分析学者のジークムント・フロイトは、無意識という概念を導入したことで現代思想に多大な影響を与えた。今回の「ミュージアム・アット・ナイト」においては、「贈り物」をテーマに様々な催し物が行われる。

10月30日(金)18:30-21:30 £6

Freud Museum
20 Maresfield Gardens, London NW3 5SX
Tel: 020 7435 2002
Finchley Road駅
www.freud.org.uk

雷の正体を発見した科学者の家
ベンジャミン・フランクリン・ハウス

Benjamin Franklin House

米国の政治家、雷が電気であることを発見した物理学者、そして「フランクリン自伝」の著者などとして知られるベンジャミン・フランクリン。1997年には、彼がかつてロンドンで暮らした住居から、10人分もの遺骨が発掘されたという。その謎の解明を試みようとする特別イベントを実施する。

10月30日(金)18:30-19:30 £5

Benjamin Franklin House
36 Craven Street, London WC2N 5NF
Tel: 020 7925 1405
Charing Cross駅
www.benjaminfranklinhouse.org

産業革命期の技術者と言えば
ブルネル・ミュージアム

Brunel Museum

鉄道、蒸気船、橋、トンネルなどの設計を次々と手掛け、産業革命期の大英帝国を象徴する技術者となったイザムバード・キングダム・ブルネル。こちらは個人宅ではないが、彼が世界初となる地下コンサートを開催した場所が現在は博物館となっている。当日はハロウィーンの趣向を凝らした催しを実施。

10月31日(土)17:30-23:00 £5

Brunel Museum
Brunel Engine House Railway Avenue, London SE16 4LF
Tel: 020 7231 3840
Rotherhithe駅
www.brunel-museum.org.uk

 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ